ミッツ・マングローブ「準備の人・中居正広の芸とメッセージ」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミッツ・マングローブ「準備の人・中居正広の芸とメッセージ」

連載「アイドルを性せ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミッツ・マングローブ週刊朝日#ミッツ・マングローブ
ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

※写真はイメージです (Getty Images)

※写真はイメージです (Getty Images)

 ドラァグクイーンとしてデビューし、テレビなどで活躍中のミッツ・マングローブさんの本誌連載「アイドルを性(さが)せ」。今回は、中居正広さんを取り上げる。

*  *  *
 芸能・エンタテイメントとは読んで字の如く「芸」であり「技術」であり「才能」です。そしてそれを観せるためには、「シナリオ」や「計算」、何よりも「準備」が欠かせません。特に、決められた台詞や歌詞や振り付けがないテレビタレントにとっては、いかに生身の自分を、テレビというフィクションの中で、ノンフィクション性の高い人間にコーディネートできるかが勝負の鍵です。たとえ突発的な本音や素を晒さなければならない場面でも、日頃から「準備」という名の鍛錬を重ねているからこそ、それが立派なエンタテイメントに成り得るのだと思います。

 テレビの中で仕事をしていると、ただ思いのままに存在している風に見える人ほど、綿密な準備がなされているのだと痛感する機会が多々あります。彼らは表現のリミッターを限界すれすれで設定しながらも、決して踏み外すことがない。それは守りに入っているとかではなく、コミュニケーションにおける「攻め」と「受け」、「参入」と「回避」の判断に対する備えを常にしていて、尚且つ俊敏なのです。だからこそ自分のペースで場を司ることができる。その極めつきだったのが、先日の中居正広さんの会見ではないでしょうか。実に緻密で機敏な、彼の類稀なる偏執っぷりが炸裂していたエンタテイメント・ショーでした。観ていて「もしかして中居くんが約30年かけて鍛錬し続けてきた芸能道のすべては、この会見のためにあったのでは?」と思わせるほど。それぐらい攻め方、受け方、抜き方が絶妙だった。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい