中国出身の芥川賞作家が告発 「新型コロナは独裁体制下の人災」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中国出身の芥川賞作家が告発 「新型コロナは独裁体制下の人災」

このエントリーをはてなブックマークに追加
岩下明日香週刊朝日#新型コロナウイルス
「武漢公安」と書かれた白い防護服を着た人物らに無理やり連行される男性の画像=楊逸さんの動画から

「武漢公安」と書かれた白い防護服を着た人物らに無理やり連行される男性の画像=楊逸さんの動画から

「中国当局は、新型コロナウイルスの感染拡大が鈍化していると発表していますが、いまだに多くの人が自宅で強制隔離を余儀なくされています。食料品や医薬品が滞り、配給すらない。餓死するか病死するのを待つしかない状態。これは独裁体制下の人災です」

 こう憤るのは、中国出身で2012年に日本国籍を取得した作家の楊逸さんだ。08年、「時が滲む朝」で、日本語を母国語としない外国人として初めて芥川賞を受賞した。

 楊さんはユーチューブに自身のチャンネルを開設し、在米の中国人メディアなどから得た中国内部の情報を日本語で発信している。本誌の取材に対し、語った。

「(武漢のある)湖北省には50カ所ほど火葬場があり、2月に入ってから24時間稼働しています。それでも足りず、移動火葬車が40台ほど出動したと報道されています」

 こうしたことから、楊さんは当局が発表する新型コロナウイルス感染による死者数が少なすぎると疑問視している。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい