秋吉久美子のイチオシは「よだれ鶏」 “ゆかいな辛さ”の中華料理店 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

秋吉久美子のイチオシは「よだれ鶏」 “ゆかいな辛さ”の中華料理店

このエントリーをはてなブックマークに追加
沖村かなみ週刊朝日#グルメ
中國菜・老四川 飄香(ピャオシャン) 麻布十番本店 ランチ「ミニコース」/さまざまな香辛料を巧みに取り入れながら、四川の伝統料理を新しい感性と技法でいまに再現。前菜4種、4品、デザート、中国茶付きのランチ「ミニコース」(4000円、2名から注文可)は、月替わりで旬の食材を使った四川の味がバランスよく楽しめる。料理の締めに提供する汁なし担々麺は、短角牛のひき肉や四川の漬物“芽菜(ヤーツァイ)”が、すっきりとした麻辣の風味とともに麺に絡んでやみつきに。10種類のメニューから選べるお得なランチセットは1500円~。税別 (撮影/写真部・片山菜緒子)

中國菜・老四川 飄香(ピャオシャン) 麻布十番本店 ランチ「ミニコース」/さまざまな香辛料を巧みに取り入れながら、四川の伝統料理を新しい感性と技法でいまに再現。前菜4種、4品、デザート、中国茶付きのランチ「ミニコース」(4000円、2名から注文可)は、月替わりで旬の食材を使った四川の味がバランスよく楽しめる。料理の締めに提供する汁なし担々麺は、短角牛のひき肉や四川の漬物“芽菜(ヤーツァイ)”が、すっきりとした麻辣の風味とともに麺に絡んでやみつきに。10種類のメニューから選べるお得なランチセットは1500円~。税別 (撮影/写真部・片山菜緒子)

中國菜・老四川 飄香(ピャオシャン) 麻布十番本店/東京都港区麻布十番1-3-8 FプラザB1F (営)11:30~14:00L.O. 18:00~21:30L.O.(休)月、第1・第3火 (撮影/写真部・片山菜緒子)

中國菜・老四川 飄香(ピャオシャン) 麻布十番本店/東京都港区麻布十番1-3-8 FプラザB1F (営)11:30~14:00L.O. 18:00~21:30L.O.(休)月、第1・第3火 (撮影/写真部・片山菜緒子)

 著名人がその人生において最も記憶に残る食を紹介する連載「人生の晩餐」。今回は、秋吉久美子さんの「中國菜・老四川 飄香(ピャオシャン)麻布十番本店」の「ランチ『ミニコース』」だ。

【写真】「中國菜・老四川 飄香(ピャオシャン)麻布十番本店」の内観はこちら

*  *  *
 以前は中国料理は脂っぽかったり辛すぎたりして、男性的な荒々しいイメージを持っていたんですね。ところがこの四川料理のお店と出会ってまったく新しい体験をしてから、その考えが見事にくつがえされました。なんと言ってもその香りのよさには驚きましたね。

 ランチはいつも季節の料理が少しずつ味わえるミニコースをいただきます。ひと皿ごとに香りが違っていて、とても上品でヘルシー。前菜の「よだれ鶏」はとくに好きな一品で、すっきりとした中国山椒の香りが楽しめます。最後に小ぶりの器で出される汁なし担々麺もちょっとほかにないおいしさ。四川といえども全体的に辛みが強すぎず“ゆかいな辛さ”って言えばいいのかしら……器も美しく、デザートに至るまで丁寧に工夫されています。

 聞けばシェフは本場四川に食材を探しに出かけたり、いまだに現地の店で料理の腕を磨いていらっしゃるそう。おまけに雰囲気もサービスもいいから、つい足が向いてしまいますね。

(取材・文/沖村かなみ)

「中國菜・老四川 飄香 麻布十番本店」東京都港区麻布十番1‐3‐8 FプラザB1F/営業時間:11:30~14:00L.O.18:00~21:30L.O./定休日:月、第1・第3火

週刊朝日  2020年3月6日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい