黒川・東京高検検事長の定年延長 官邸と“お庭番”に強まる反発 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

黒川・東京高検検事長の定年延長 官邸と“お庭番”に強まる反発

このエントリーをはてなブックマークに追加
今西憲之週刊朝日
黒川弘務・東京高検検事長 (c)朝日新聞社

黒川弘務・東京高検検事長 (c)朝日新聞社

「河井夫妻の事件は、検察の威信をかけて立件すべきとの強硬意見もある」(前出の検事)

 黒川氏定年延長のニュースが報じられた後、河井夫妻の公職選挙法違反事件で広島地検から取り調べを受けた河井案里事務所の元スタッフが明かす。

「昨年12月に取り調べを受けた時、検事さんはやる気満々だった。それが1月に高検検事長の定年延長がニュースで流れると、急に『供述調書? もっと事実関係を詰めてからにしましょう』とトーンダウンしていた」

 しかし、2月に入ってから異変があったという。

「広島地検は東京へ家宅捜索にわざわざ行ったそうです。その後、再び、事情聴取で呼ばれた時、検事さんは『供述調書の完了まであと少し』と言っていた。当時の秘書らだけでなく、河井夫妻の関与までほのめかしています」

 官邸とそのお庭番は今後、どう動くのだろうか?(今西憲之)

週刊朝日  2020年2月21日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい