畑岡奈紗、米ツアー惜敗 丸山茂樹「ガッツがすごくある」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

畑岡奈紗、米ツアー惜敗 丸山茂樹「ガッツがすごくある」

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

奈紗ちゃん、よく粘った(EPA=時事)

奈紗ちゃん、よく粘った(EPA=時事)

 丸山茂樹氏は国内外で活躍する後輩たちにエールを送る。

【畑岡奈紗選手の写真はこちら】

*  *  *
 いやあ、この連載も333回目ですか。これからも読者のみなさんの心を「さん・さん・さん」と照らすようなコラムでありたいですね!

 先週も少し触れましたけど、ロサンゼルスの自宅に戻ってます。去年は雨が多かったんですけど、今年は天気がいいです。気温は上が20度、下が10度ぐらいで、朝晩は少し冷え込みますけど、日中は暖かいですね。

 さて、アメリカの女子ツアー開幕戦「ダイヤモンドリゾート トーナメントofチャンピオンズ」(1月16~20日、米フロリダ州のフォーシーズンG&スポーツCオーランド)で、畑岡奈紗ちゃん(21)が優勝争いをしました。

 彼女を含む3人によるプレーオフに入ったんですけど、日没順延を挟んで7ホール目で負けちゃいました。プレーオフはずっと18番パー3でやってて。何だろうな。別のホールでもやればいいのに。ちょっとよく分からなかったです。奈紗ちゃんには、ちょっとかわいそうでしたよね。

 終始落ち着いてて、素晴らしいゴルフをしてたと思いますよ。欲を言えば、もう一個ぐらいバーディー取れなかったかな、と思いますけどね。プレーオフやらずに勝つチャンスもあったと思いますけど、なかなかうまくいかないのがゴルフですから、しょうがないです。

 奈紗ちゃんは技術もさることながら、ガッツがすごくあると思ってます。そのあたりが彼女の持ち味で、プレースタイルもいつも、頼もしいものを感じながら見てますよ。

 国内男子ツアーの開幕戦「SMBCシンガポールオープン」(1月16~19日、シンガポールのセントーサGC)で木下稜介(28)が通算11アンダーで日本勢最高の6位に入って、7月の全英オープンの切符を手にしました。

 初メジャーでしょう。よかったですよね。彼は僕に会うとゴルフの質問をしてきてくれたりするので、ちょくちょくしゃべってるんです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい