河井前法相夫妻の公選法違反疑惑 安倍首相が1億5千万円で援護した理由 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

河井前法相夫妻の公選法違反疑惑 安倍首相が1億5千万円で援護した理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
今西憲之週刊朝日#安倍政権
昨年の参院選で巨額の軍資金を自民党本部からもらっていたという河井案里氏(左)/安倍晋三首相 (c)朝日新聞社

昨年の参院選で巨額の軍資金を自民党本部からもらっていたという河井案里氏(左)/安倍晋三首相 (c)朝日新聞社

 公職選挙法違反で告発されている河井案里参院議員が昨年の参院選で、他の広島県選出の自民党候補の10倍の1億5千万円の軍資金を党本部からもらっていたことがバレて、党内がザワついている。

【音声入手】河井案里議員が選対スタッフに残した留守電メッセージ

 自民党幹部がこう話す。

「選挙当時から、巨額資金は噂になっていた。夫の克行衆院議員も『総理と官房長官が応援に入ってくれ、選挙資金も思い切って使うことができた』と勝因を話していた。ただ、投下された金は数千万円レベルかと思っていた。自民党から候補者に配られるのは公認料と選挙資金で合計1500万~2千万円だからね」

 党本部が大盤振る舞いした1億5千万円問題で、国会、野党どころか、党内までギクシャクし始めたという。

「候補者に直接、党本部が選挙活動費を振り込むことはありえない。党本部であれば、(二階俊博)幹事長、(安倍晋三)総裁の判断というレベルだろう」(下村博文・自民党選挙対策委員長)

 捜査に支障をきたすと説明しない河井夫妻への批判ボルテージも上がる一方。

「河井夫妻の脇の甘さには恐れ入る。証拠が残るのに運動員に日当3万円を払って2枚の領収書を書かせたり……。法務大臣までやっているのに、公選法、知らないのか?」(自民党中堅の衆院議員)

 割り込む格好で出馬した案里議員が当選したため、自民党の溝手顕正・元防災担当相が落選の憂き目にあったが、溝手陣営の県議はこう話す。

「うちの10倍の選挙資金と聞き、なるほどと思った。選挙が始まって2、3日でポスターをたくさん貼って、全戸電話作戦をしていた。どこにそんなカネがあるんだと不思議だった。河井さんは当時、安倍さんの総裁外交特別補佐を務めていたが、エコひいきするなんてとんでもないよ」

 前出の自民党幹部はこうぼやく。

「溝手さんが第1次安倍内閣で閣僚だったとき、安倍批判をしたことを安倍さんがいまだに根に持っているという話もある」

 昨年、河井陣営のスタッフとして働いた男性はこう振り返る。

「克行さんはカネが足りないならいつでも官邸と話をつけると鼻息が荒かった。自分の選挙ではケチなのに、案里さんのときはありえないほどの使いっぷりだった。ポスターやのぼりなどカネのかけ方がハンパじゃなかった。堂々と安倍総理が全面的にバックアップしてくれている、と選対員に発破をかけていた」

 河井夫妻の事務所や自宅など関係先を家宅捜索した広島地検は連日、秘書や運動員らへの事情聴取を続けている。

「23日に秘書が逮捕かと情報が流れ、克行さんの事務所は騒然。広島地検で調べられていますが、供述調書を作成と言われ、克行さんの関与を集中的に聞かれた」

 と前スタッフ。捜査は大詰めのようだ。(今西憲之)

週刊朝日  2020年2月7日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい