シニアの「てんかん」に交通事故リスク 認知症との深い関係も

シニア

2020/01/28 11:30

 子どもが急にけいれんを起こして意識を失い、バタンと倒れる──。てんかんには、そんなイメージがあるが、実はシニアになってから発症するケースにこそ注意が必要だ。認知症や交通事故との関係も指摘されている。「高齢者てんかん」の最新事情を専門家に取材した。

あわせて読みたい

  • 記憶障害から認知症と勘違いも 「高齢発症てんかん」とは?

    記憶障害から認知症と勘違いも 「高齢発症てんかん」とは?

    週刊朝日

    11/21

    高齢者の約1%、30万人が発症する「てんかん」 新薬登場で改善へ

    高齢者の約1%、30万人が発症する「てんかん」 新薬登場で改善へ

    週刊朝日

    7/25

  • 脳梗塞の薬が認知症治療に効果あり? 治験で実証へ

    脳梗塞の薬が認知症治療に効果あり? 治験で実証へ

    週刊朝日

    8/11

    血管性認知症 アルツハイマー病との合併ケースも

    血管性認知症 アルツハイマー病との合併ケースも

    週刊朝日

    10/17

  • 65歳以下に多い血管性認知症 年齢ごとの処置が重要

    65歳以下に多い血管性認知症 年齢ごとの処置が重要

    週刊朝日

    10/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す