「心に余裕を持つ」って結局どういうこと? 医師が解説! (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「心に余裕を持つ」って結局どういうこと? 医師が解説!

連載「ナイス・エイジングのすすめ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
帯津良一週刊朝日#帯津良一
帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

※写真はイメージです  (c)朝日新聞社

※写真はイメージです  (c)朝日新聞社

 最後の2行がいいですね。ふとした情景にこの世の真実を感じるのは心に余裕があってこそです。

 実は私も最近、「此中有眞意 欲辨已忘言」の心境になりました。

 朝霧(あさぎり)高原に行く機会があり、雄大な富士山を見たのです。

 中腹より少し下に薄い雲の層がかかっていました。その雲の層がやがて黄金色に輝きます。陽が沈もうとしているのです。黄金色が赤みを帯びてきました。その赤みを帯びた黄金色が頂上に向かって広がり始めました。ゆっくりとした変化ですが着実に広がっていきます。そして最後には大きな富士山全体が赤一色になりました。

「あっ。これが赤富士だ」

 感動が全身を満たしました。このとき、私は自分の借金のことも忘れ(笑)、この世の真実を感じることができたのです。これこそが心の余裕ではないでしょうか。

週刊朝日  2020年1月24日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

帯津良一

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい