米イラン対立で日本への影響は? 懸念される“三重苦”とは

2020/01/16 15:29

 イランは米国がソレイマニ司令官を殺害した報復として、イラクの米軍駐留基地などを攻撃した。武力衝突の緊張感が高まるなか、トランプ大統領は軍事的な報復はしないと表明。ひとまず戦争は回避されたが、予断を許さない状況だ。今後、2国の対立は日本経済にどう影響するのか。

あわせて読みたい

  • サウジ石油施設攻撃 ドローン攻撃でオイルショック再来?

    サウジ石油施設攻撃 ドローン攻撃でオイルショック再来?

    週刊朝日

    9/21

    来年は生乳も不足? 値上がりはガソリン、野菜だけじゃない

    来年は生乳も不足? 値上がりはガソリン、野菜だけじゃない

    AERA

    8/29

  • 歴史も証明「原油安」でふくらむ戦争の可能性

    歴史も証明「原油安」でふくらむ戦争の可能性

    週刊朝日

    1/25

    第三次世界大戦が現実に!? 米VSイランの深刻度

    第三次世界大戦が現実に!? 米VSイランの深刻度

    週刊朝日

    1/5

  • 安倍首相の「官製春闘」も非正規雇用には影響なし?

    安倍首相の「官製春闘」も非正規雇用には影響なし?

    AERA

    2/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す