米イラン衝突回避も「第三次世界大戦」リスクが消えないワケ

2020/01/16 15:29

 イランが米国への報復措置として、米軍が駐留するイラクの基地などを攻撃し、緊張が高まっている。これ以上の事態悪化を望んでいないというのが両国の本音とみられるが、偶発的な衝突で紛争に発展する懸念はくすぶったままだ。今後のシナリオを探った。

あわせて読みたい

  • 「第3次大戦は起きない」米国とイランの対立を田岡俊次が分析

    「第3次大戦は起きない」米国とイランの対立を田岡俊次が分析

    AERA

    1/11

    田原総一朗「複雑な米イラン対立 論議なき自衛隊派遣は問題だ」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「複雑な米イラン対立 論議なき自衛隊派遣は問題だ」

    週刊朝日

    1/22

  • 米国VSイランの緊張続く  同盟国の日本でローンウルフ型テロの危険も

    米国VSイランの緊張続く  同盟国の日本でローンウルフ型テロの危険も

    週刊朝日

    1/11

    第三次世界大戦が現実に!? 米VSイランの深刻度

    第三次世界大戦が現実に!? 米VSイランの深刻度

    週刊朝日

    1/5

  • 姜尚中「イランと米国の緊張状態は『出来レース』だった可能性がある」
    筆者の顔写真

    姜尚中

    姜尚中「イランと米国の緊張状態は『出来レース』だった可能性がある」

    AERA

    1/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す