娘の永島優美アナが初給料で…永島昭浩おすすめの焼肉店とは? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

娘の永島優美アナが初給料で…永島昭浩おすすめの焼肉店とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
沖村かなみ週刊朝日
焼肉の名門 天壇 赤坂店 ミルフィーユロース/京都・祇園に本店を構える「お出汁で食べる京都焼肉」の店。名物「ミルフィーユロース」700円(1枚、提供は2枚から)は、店のスタッフが目の前で三枚重ねにした大判の薄切りロースを焼いて、ロール状で供す品。肉は京都の酢の酸味がほどよくきいた、牛骨ベースの出汁に浸して食べるのが天壇流。サシの入ったロースの後味をさっぱりとさせてくれる。コースメニュー5500円~。個室が13室あるので新年会にも利用しやすい。税込み (撮影/写真部・小黒冴夏)

焼肉の名門 天壇 赤坂店 ミルフィーユロース/京都・祇園に本店を構える「お出汁で食べる京都焼肉」の店。名物「ミルフィーユロース」700円(1枚、提供は2枚から)は、店のスタッフが目の前で三枚重ねにした大判の薄切りロースを焼いて、ロール状で供す品。肉は京都の酢の酸味がほどよくきいた、牛骨ベースの出汁に浸して食べるのが天壇流。サシの入ったロースの後味をさっぱりとさせてくれる。コースメニュー5500円~。個室が13室あるので新年会にも利用しやすい。税込み (撮影/写真部・小黒冴夏)

焼肉の名門 天壇 赤坂店/東京都港区赤坂4―3―6 A―FLAG赤坂2F(営)11:30~14:30L.O. 17:30~23:00L.O.(休)なし (撮影/写真部・小黒冴夏)

焼肉の名門 天壇 赤坂店/東京都港区赤坂4―3―6 A―FLAG赤坂2F(営)11:30~14:30L.O. 17:30~23:00L.O.(休)なし (撮影/写真部・小黒冴夏)

 著名人がその人生において最も記憶に残る食を紹介する連載「人生の晩餐」。今回は、元サッカー日本代表・永島昭浩さんの「焼肉の名門 天壇 赤坂店」の「ミルフィーユロース」だ。

【写真】内観はこちら

*  *  *
 6年前、娘(永島優美)がフジテレビにアナウンサーとして入社しました。初任給をいただいた時、私たち夫婦を招待してくれたのがこちらのお店。僕が現役時代から、大の焼肉好きなのを知って選んでくれたのが嬉しかったですね。それ以来、気に入って利用しています。

 とくに僕が好きなのが、薄切りロースを三枚重ねにした「ミルフィーユロース」。お店の方が目の前の網でさっと炙(あぶ)って、くるっと巻いて提供してくれます。しかも一般的な醤油ベースのタレでなく、出汁(だし)につけて食べるのがめずらしい。最初は半信半疑で食べましたが、いままで食べた焼肉とはまったく違った新次元のおいしさに驚きました。三枚重ねの肉は、焼き加減がちょっとレアでふんわりとやわらか。酸味のある出汁につけると、脂を含んだ肉がさっぱりと食べられるんですよね。

 ひとり暮らしの娘は忙しい日々を送っているようですが、今年もこの店に家族で集まって、焼肉パワーで応援したいと思っています。

(取材・文/沖村かなみ)

「焼肉の名門 天壇 赤坂店」東京都港区赤坂4-3-6 A-FLAG赤坂2F/営業時間:11:30~14:30L.O.、17:30~23:00L.O./定休日:なし

週刊朝日  2020年1月17日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい