「百歳目前で餅を喉に引っかけて死んだら…」瀬戸内寂聴に横尾忠則が言ったこと (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「百歳目前で餅を喉に引っかけて死んだら…」瀬戸内寂聴に横尾忠則が言ったこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう)/1922年、徳島市生まれ。73年、平泉・中尊寺で得度。『場所』で野間文芸賞。著書多数。『源氏物語』を現代語訳。2006年文化勲章。17年度朝日賞。

瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう)/1922年、徳島市生まれ。73年、平泉・中尊寺で得度。『場所』で野間文芸賞。著書多数。『源氏物語』を現代語訳。2006年文化勲章。17年度朝日賞。

横尾忠則(よこお・ただのり)/1936年、兵庫県西脇市生まれ。ニューヨーク近代美術館をはじめ国内外の美術館で個展開催。小説『ぶるうらんど』で泉鏡花文学賞。2011年度朝日賞。15年世界文化賞。(写真=横尾忠則さん提供)

横尾忠則(よこお・ただのり)/1936年、兵庫県西脇市生まれ。ニューヨーク近代美術館をはじめ国内外の美術館で個展開催。小説『ぶるうらんど』で泉鏡花文学賞。2011年度朝日賞。15年世界文化賞。(写真=横尾忠則さん提供)

 思い出して少しは元気になったでしょう。死にそうな人を生きかえらすのに僕も苦労しながら、この手紙を書いているんですよ。ああ、シンドー。

 この手紙はお正月明けに掲載されるんですかね。われわれ老人族はお正月に餅を食べて死なないようにしましょうね。百歳目前で餅を喉(のど)に引っかけて死んだら、誰も同情などしないで、初笑いされるだけです。お互いに用心しましょうね。僕は今朝、干し柿の種が口の中で上手により分けられないでモタモタしている内に種を飲み込んでしまいました。誤嚥(ごえん)になって気管から肺に種が行くと一巻の終わりなので、大あわてしました。病院の先生に電話で問い合わせしたところ、種はまあ何とか大丈夫ですが、おかしなことをしないよう気をつけて下さいよ、と言われました。医者のおかしいということは、僕が真面目にやったことの結果が大半なんですよね。今日はこの辺で。

■瀬戸内寂聴「バイクにも…したいことすべてしてきた人生」

 ヨコオさんは、ほんとにやさしいねえ!

 私が死にたいなど、モオロクした言葉を吐くと、あわてて、落ちこんだ私の気分をひき立ててやろうと、気をつかって下さって、あれこれ、愉(たの)しい昔話など想(おも)い出させて下さいます。

 今時、こんなやさしい心づかいをしてくれる人なんて、いませんよ! 自分では気がつかなかったけれど、目下の私は、九十七のバアさんもいいところで、きっと、むさ苦しいどころか、アタマの中がボケてしまって、くどくど同じことを喋(しゃべ)ったり、前後の見境も忘れてしまって、シリメツレツ(こんな字もすぐでてこなくなってしまった)なことを喋っているのでしょうね。それをずっと我慢して、昔と同じにつきあってくれるヨコオさんのやさしさに、もっともっと感謝しなければ、罰が当(あた)りますね。

 年寄というものは、妙に執念深くて、自分の心が傷つけられたりすると、決して忘れず、受けた屈辱を心の中でねちねちこねまわし、屈辱を与えた相手を、死ぬまで恨みつづけるものです。そんな老人をまわりに一杯見てきたので、そうはなるまいと心しているものの、どうやらわかりません。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい