100人の顔)グレイステクノロジーの松村幸治会長(64)「究極のマニュアルで社会を変える」

2020/01/02 09:00

 こう語る松村さんが「究極のマニュアル」だと自信を示すのが、「グレイスビジョン」。人工知能(AI)や拡張現実(AR)を活用したメガネ型の装置で、2020年から本格的に展開する。

 搭載したカメラとマイクによってAIが作業者の動作を認識し、やるべきことを指示する。国内大手メーカーに一部導入されており、海外企業の関心も高い。松村さんは、マニュアルの概念が大きく変わると訴える。

「ベテランの作業員が横に立って教えてくれるイメージです。ぶ厚いマニュアルをめくって、いちいち手順を確認しながら作業する煩わしさがなくなります」

 装置に組み込んだAIは自社開発した。大手IT関連会社に相談したが、開発にかかる時間や費用が膨らむと回答された。そこで自力で開発したところ、予想より短期間で完成できたという。

「手順を体系立てて分かりやすく示す、というマニュアルづくりのノウハウが、AIの開発にも生きました」

 19年11月には米シカゴに現地法人を立ち上げた。米国の大手IT関連会社などにもグレイスビジョンを売り込む計画だ。

 松村さんは、2020年はAIやVRの技術がさらに進歩し、私たちの生活が便利になる節目の年になると期待する。

 「AIが使える範囲に限りはありません。グレイスビジョンの技術を応用すれば、職種や仕事の内容を問わず、あらゆることがサポートできます。企業向けに加え、消費者向けの展開も考えています。家電の操作法や料理の手順が簡単にわかるようになり、介護や教育の現場にも応用可能です。生活が便利になるように、マニュアルに革命を起こしていきます」

 グレイステクノロジーは、これまで主に企業向けのマニュアルを手がけてきた。社会を大きく変えるには、一般の消費者向けも重要だ。新しい分野だけに課題も多いが、松村さんの挑戦は続く。

(本誌・池田正史)
※週刊朝日オンライン限定記事

1 2

あわせて読みたい

  • 「視力4.0のメガネ作りたい」メガネスーパーが開発したメガネで何が見えるか?

    「視力4.0のメガネ作りたい」メガネスーパーが開発したメガネで何が見えるか?

    AERA

    12/28

    『攻殻機動隊』に刺激を受けた研究者たちが「人間」を拡張中

    『攻殻機動隊』に刺激を受けた研究者たちが「人間」を拡張中

    AERA

    4/8

  • 「早い、うまい、安い」な翻訳サービスが登場 必要なのは英語力より“使いこなし”術

    「早い、うまい、安い」な翻訳サービスが登場 必要なのは英語力より“使いこなし”術

    AERA

    2/27

    コロナ禍でプログラミングに目覚めた“文系”人 楽天では“ハイブリッド人材”育成の動きも

    コロナ禍でプログラミングに目覚めた“文系”人 楽天では“ハイブリッド人材”育成の動きも

    AERA

    12/3

  • 米チケットマスター、コンサート来場者のワクチン接種状況/検査結果を確認するための新たな取り組みを明かす

    米チケットマスター、コンサート来場者のワクチン接種状況/検査結果を確認するための新たな取り組みを明かす

    Billboard JAPAN

    11/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す