「関西検察」の牙城の関西電力 第三者委員長は遠慮なしでいく?

2019/12/19 08:00

 福井県高浜町の元助役・森山栄治氏(故人)から、関西電力(関電)の幹部が約3億2千万円相当の金品を受領していた問題。現在、第三者委員会が調査を進めている。とかく「形ばかり」と言われることも多い第三者委だが、今回は「身内」ではない人物が委員長を務めることになった。果たしてどこまで原発マネーの闇に迫れるのか。

あわせて読みたい

  • 事件をでっち上げて出世「検察利権」

    事件をでっち上げて出世「検察利権」

    週刊朝日

    10/7

    関電“倍返し”金品受け取り問題発覚から1年 新旧経営陣いまだ対立

    関電“倍返し”金品受け取り問題発覚から1年 新旧経営陣いまだ対立

    週刊朝日

    10/9

  • 関電の3億6千万円の裏金問題 「工事で不正はあった」と報告書

    関電の3億6千万円の裏金問題 「工事で不正はあった」と報告書

    週刊朝日

    3/19

    関電問題を待ち受ける今後は…賠償責任に刑事事件の可能性も

    関電問題を待ち受ける今後は…賠償責任に刑事事件の可能性も

    AERA

    10/16

  • 謝罪会見翌日に関電監査役が現れた驚きのステージとは 当事者意識欠如に非難集中

    謝罪会見翌日に関電監査役が現れた驚きのステージとは 当事者意識欠如に非難集中

    AERA

    10/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す