作家・下重暁子「秋はどこへ消えた」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

作家・下重暁子「秋はどこへ消えた」

連載「ときめきは前ぶれもなく」

このエントリーをはてなブックマークに追加
下重暁子週刊朝日#下重暁子
下重暁子(しもじゅう・あきこ)/作家。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、NHKに入局。民放キャスターを経て、文筆活動に入る。主な著書に『家族という病』『極上の孤独』『年齢は捨てなさい』ほか多数

下重暁子(しもじゅう・あきこ)/作家。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、NHKに入局。民放キャスターを経て、文筆活動に入る。主な著書に『家族という病』『極上の孤独』『年齢は捨てなさい』ほか多数

※写真はイメージです (Getty Images)

※写真はイメージです (Getty Images)

 それが禁止になったのは、3・11の放射能汚染後のことである。軽井沢でも少し線量が上ったとかで、以後しばらく焚火は出来なくなって、いまでは無粋なキカイの音が鳴り響くようになった。

 私の大好きな落葉松の黄金色の針が、土に還って腐葉土になることもなくなってきた。
 朝起きるとうっすらと庭が白くなっていた。

 雪が降ったのである。前夜は、マイナス5~6度だったから、これからは、雨はほとんどが雪になる。

 今は、冬場は行かなくなったが、かつては完全暖房の家を頼りに20センチ位の雪なら出かけたものだ。

 新雪に、様々な足跡がある。小さいのは兎、狐や狸、猪と思われるもの。ひときわ大きいのが、カモシカ。一直線に森を目指している。

“落葉松の睫毛を閉じて山眠る”

 落葉松の枝にもうっすら雪がついていた。

週刊朝日  2019年12月20日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

下重暁子

下重暁子(しもじゅう・あきこ)/作家。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、NHKに入局。民放キャスターを経て、文筆活動に入る。主な著書に『家族という病』『極上の孤独』『人間の品性』ほか多数

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい