期間限定の「ティファニー×猫」 猫派芸能人が通い詰める店とは? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

期間限定の「ティファニー×猫」 猫派芸能人が通い詰める店とは?

連載「楽屋の流行りモノ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田美保子週刊朝日#山田美保子
山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。フジテレビ系「Live News it!」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。フジテレビ系「Live News it!」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

「ティファニー@キャットストリート」では、ティファニーのジュエリーやホーム&アクセサリーなどのコレクションを多数取り揃えている。その他、購入したジュエリーに刻印できるパーソナライゼーションカウンター、写真撮影を楽しめるフォトスポットもある。最上階に併設されたカフェでは、コーヒー、クロワッサンなどを楽しめる。2019年4月19日から約3年間の期間限定でオープン。営業時間:11~19時(カフェは11時30分~18時30分、18時ラストオーダー)東京都渋谷区神宮前6-14-5

「ティファニー@キャットストリート」では、ティファニーのジュエリーやホーム&アクセサリーなどのコレクションを多数取り揃えている。その他、購入したジュエリーに刻印できるパーソナライゼーションカウンター、写真撮影を楽しめるフォトスポットもある。最上階に併設されたカフェでは、コーヒー、クロワッサンなどを楽しめる。2019年4月19日から約3年間の期間限定でオープン。営業時間:11~19時(カフェは11時30分~18時30分、18時ラストオーダー)東京都渋谷区神宮前6-14-5

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が楽屋の流行(はや)りモノを紹介する。今回は「ティファニー@キャットストリート」。

【写真】おなじみの色がかわいい!「ティファニー@キャットストリート」の写真はこちら

*  *  *
「キャットストリート」と聞いて62歳の私が思い出すのは、「CREAM SODA」「ピンクドラゴン」「原宿ゴールドラッシュ」の「故・山崎眞行さん」、そして「ブラックキャッツ」だ。

 新卒でTBSラジオの仕事を始めた頃も、数年後、放送作家になった頃も、度々取材させていただいた。昔話を書こうとすると、それだけで終わってしまうので、またの機会にする。

 正式名称は「旧渋谷川遊歩道」。なぜ「キャット~」と呼ばれだしたのかには、「猫の額ほどの狭さ」「猫がたくさんいる」、ロックバンド「ブラックキャッツ」が誕生したからなど諸説あるが、「ブラック~」からまた冒頭の昔話に戻ってしまうので、これぐらいにする。

 表通りと比べると小規模だが、独創的なハイファッションの店舗が立ち並ぶ閑静な裏通りはいま「裏原(宿)」とも呼ばれている。今年4月、「キャットストリート」に日本初のコンセプトストアをオープンさせたのは『ティファニー』。その名も「ティファニー@キャットストリート」だ。

 これまた古い話で恐縮だが、「ティファニー」と言われて思い出すのはバブル期のクリスマスプレゼント。男性が百貨店の『ティファニー』に殺到しすぎて「売り切れ証明書」が出たとか出ないとか。買いに行ったことを彼女に示すためだ。

 あれから30年。『ティファニー』は再ブームを迎え、「ティファニーT」は大ヒット。若返りを見せている。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい