三年連続「首」骨折のリハビリ中に…作家・下重暁子の気づき (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

三年連続「首」骨折のリハビリ中に…作家・下重暁子の気づき

連載「ときめきは前ぶれもなく」

下重暁子週刊朝日#下重暁子
下重暁子(しもじゅう・あきこ)/作家。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、NHKに入局。民放キャスターを経て、文筆活動に入る。主な著書に『家族という病』『極上の孤独』『年齢は捨てなさい』ほか多数

下重暁子(しもじゅう・あきこ)/作家。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、NHKに入局。民放キャスターを経て、文筆活動に入る。主な著書に『家族という病』『極上の孤独』『年齢は捨てなさい』ほか多数

※写真はイメージです (Getty Images)

※写真はイメージです (Getty Images)

 押しつけがましくない言葉もうなずけた。

 そんな中でふと気付いたときめき。何の前ぶれもなくやってきた。まだまだ捨てたもんじゃない。冬の名残りの薔薇は、朽ちていく中だけに、いっそう美しい。

いまこの庭に
薔薇の花一輪
くれなゐふかく咲かんとす

彼方(あちら)には
昨日の色のさみしき海

また此方(こちら)には
枯枝の高きにいこふ冬の鳥

こはここに何を夢みる薔薇の花

いまこの庭に
薔薇の花一輪
くれなゐふかく咲かんとす

 高校生の時、耳から憶えた三好達治の詩が浮かんできた。あの頃の純粋な想いに顔赤らめる。

 私の中のときめきをこっそり育てながら、ときめきを食べて生きてゆきたい。

週刊朝日  2019年11月8日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

下重暁子

下重暁子(しもじゅう・あきこ)/作家。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、NHKに入局。民放キャスターを経て、文筆活動に入る。主な著書に『家族という病』『極上の孤独』『人間の品性』ほか多数

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい