大竹まことが「大人の運動会」で見せた意外な素顔  光浦靖子、上田まりえらに気遣いも (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大竹まことが「大人の運動会」で見せた意外な素顔  光浦靖子、上田まりえらに気遣いも

このエントリーをはてなブックマークに追加
多田敏男週刊朝日
ロバをモチーフにした初主演映画「ロバマン」の格好の吉田照美としり相撲で対決する大竹まこと=撮影・多田敏男

ロバをモチーフにした初主演映画「ロバマン」の格好の吉田照美としり相撲で対決する大竹まこと=撮影・多田敏男

クイズで正解し喜ぶ室井佑月=撮影・多田敏男

クイズで正解し喜ぶ室井佑月=撮影・多田敏男

運動会で競い合った大竹まことチームと吉田照美チームのメンバーら=撮影・多田敏男

運動会で競い合った大竹まことチームと吉田照美チームのメンバーら=撮影・多田敏男

公開生放送後に取材に応える大竹まことらラジオのレギュラーメンバー=撮影・多田敏男

公開生放送後に取材に応える大竹まことらラジオのレギュラーメンバー=撮影・多田敏男


 しり相撲では大竹と吉田の前に、光浦靖子も上田まりえと対決していた。大竹は安全のため敷かれているマットが1枚だったことに言及。「これさあ、ちょっと1枚だけなんですか」と、光浦らを気づかう場面もあった。

 イベントでは、ロバの鳴きまねをした吉田の声を、4人の声の中から当てるというクイズもあった。吉田とラジオ番組で長年共演している伊東四朗(82)が間違うなか、見事当てたのは本誌連載でもおなじみの室井。放送後の取材でこう喜んだ。

「照美さんの声は絶対4番だと思った。ちょっと声がにごったところが決め手ですかね」

 運動会は綱引きなどもあり、最終的には“審査委員長”の伊東の裁定で大竹まことチームが勝利。大竹は最後にこうあいさつした。

「川崎から来た方は家が(水害で)つぶれちゃいましたとおっしゃって、それでもここに来て、『大竹さん頑張ってください』と。ほんとに『お前が頑張れよ』と言いたいところですが、それだけ楽しみにしていただいているということで、もう感謝しかありませんね」

 放送後の取材では、大竹がリスナーからの投稿を読んで涙ぐんでいたことを共演者に暴露された。健康面での不安をかかえ、恒例のイベントも今年が最後になるかもしれないという思いがあったようだ。

 もちろん大竹は、「うるっときてませんから。何を言ってるんだ」と返しつつ、こう締めくくった。

「回を重ねるごとにお客さんが熱い。ラジオにかじりつくように聞いてくれる人もいる。体はぼろぼろだけど来年もやりますよ。競技は、盛り上がっているしラグビーで」

 病気を抱える大竹は先輩の伊東から、年を取るとどうしても悪いところが出てくるとして、「80超えると全身にじわーっと押し寄せてくるよ」と言われたという。大竹は、「俺は80越えないようにしないと」と最後まで笑いを取りつつ、ラジオ番組やイベントを続けることに改めて意欲を見せていた。
本誌・多田敏男
※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい