大竹まことが「大人の運動会」で見せた意外な素顔  光浦靖子、上田まりえらに気遣いも (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大竹まことが「大人の運動会」で見せた意外な素顔  光浦靖子、上田まりえらに気遣いも

このエントリーをはてなブックマークに追加
多田敏男週刊朝日
ロバをモチーフにした初主演映画「ロバマン」の格好の吉田照美としり相撲で対決する大竹まこと=撮影・多田敏男

ロバをモチーフにした初主演映画「ロバマン」の格好の吉田照美としり相撲で対決する大竹まこと=撮影・多田敏男

クイズで正解し喜ぶ室井佑月=撮影・多田敏男

クイズで正解し喜ぶ室井佑月=撮影・多田敏男

運動会で競い合った大竹まことチームと吉田照美チームのメンバーら=撮影・多田敏男

運動会で競い合った大竹まことチームと吉田照美チームのメンバーら=撮影・多田敏男

公開生放送後に取材に応える大竹まことらラジオのレギュラーメンバー=撮影・多田敏男

公開生放送後に取材に応える大竹まことらラジオのレギュラーメンバー=撮影・多田敏男

 毒舌トークで知られるタレントの大竹まこと(70)。テレビやラジオ番組で、時事ネタを織り交ぜつつ、ほかのタレントを面白おかしくいじるのが持ち味だ。

【写真】「大人の運動会」の様子をもっと見る

 歯にきぬ着せぬ発言でこわもてキャラクターを演じるが、実はファンを大事にし、共演者への気配りもかかさない。そんな素顔が、11月4日にあったラジオの公開生放送で垣間見えた。

 大竹は文化放送の看板番組「大竹まこと ゴールデンラジオ!」(月~金曜午後1時~3時30分)でメインパーソナリティーを務める。4日は、毎年開かれている「浜松町ハーベストフェスタ~浜祭~」の一環として、東京・増上寺の会場で公開生放送があった。

 その名も、「浜祭 大竹まことチーム VS 吉田照美チーム 大人の運動会」。ゴールデンラジオのレギュラーメンバーらが、腕相撲やクイズなど様々な「種目」で競う恒例のイベントだ。

 大竹まことチームは、光浦靖子、室井佑月、倉田真由美、森永卓郎、ガンバレルーヤ、カミナリ竹内まなぶら。吉田照美チームは、いとうあさこ、上田まりえ、アンタッチャブル柴田英嗣、オテンキのりらが参加した。

 放送では大竹が痛めているという腰や股関節をさわりなら、駆けつけたリスナーらに次のようにあいさつした。

「毎年こうやってみなさんにお会い出来て本当に幸せです。私は今年はさんざんでした。腰は痛めるは、大変なことがたくさんありました。でも、今日は最後まで頑張るつもりです」

 大竹の本領が発揮されたのはしり相撲。相手はフリーアナウンサーの吉田照美(68)だ。吉田は面長な顔と大きな耳から「ロバ」のあだ名がついているが、それに一役買ったのがテレビ番組「夕やけニャンニャン」でロバと繰り返し発言した大竹だった。

 そんな因縁のある2人だが、吉田はあだ名のロバをモチーフにした初主演映画「ロバマン」の格好で登場。大竹は腰椎分離症を患い手術を昨年受けていて、しり相撲は本来避けた方が良さそうだが、笑いを取るため体を張って対決。結果はもちろん吉田の“圧勝”で、約30センチの高さの台から落ちた大竹は、勢い余って増上寺の階段の手すりをまたがって降りるサービスぶり。これには会場の観客も大受けした。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい