ツアー初V逃した塩見好輝に助言 丸山茂樹「欠けていたものを考えて」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ツアー初V逃した塩見好輝に助言 丸山茂樹「欠けていたものを考えて」

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

姫野選手の涙にもらい泣きしちゃいました (c)朝日新聞社

姫野選手の涙にもらい泣きしちゃいました (c)朝日新聞社

 タイガーが練習場に入ってきたときのどよめきは、やっぱり一番でしたね。やっぱりタイガーを見たいっていう思いが伝わった「おーーーっ」でしたね。練習場にスーッと入ってきたときに、もちろんほかの3人にも拍手は起こったんですけど、タイガーのときは地響きが少しありましたよ。そりゃそうですよね、13年ぶりに日本で「生タイガー」のプレーを見られるわけですから。

 さて、国内男子ツアーの「日本オープン」(10月17~20日、福岡・古賀GC)です。塩見好輝(29)が後続に4打差をつけてトップでサンデーバックナインに入ったんですけど、14番でダブルボギー、15番でトリプルボギーと崩れて、ツアー初優勝はなりませんでした。

 ああいう崩れ方ってのは彼のゴルフ人生でも経験がないと思うんですよ。日本オープンという大きなタイトルが目の前にきてる、しかも初優勝。相当なプレッシャーがあったんだと思います。でも「これが日本オープンの厳しさだ」なんて思わない方がいいですね。勝つために欠けてるものがあったんだと思いますし、そこが何なのかを一回考えて、理解できればいいんじゃないかと思います。まだまだチャンスありますから。

週刊朝日  2019年11月8日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

丸山茂樹

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。セガサミーホールディングス所属。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい