吉沢亮が意外な過去告白「高校時代はネクラで“リア充”の悪口」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

吉沢亮が意外な過去告白「高校時代はネクラで“リア充”の悪口」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
写真右から、ファンに囲まれる吉岡里帆、吉沢亮、松平健。ファンの歓声を前に、照れくさそうに笑う (撮影/品田裕美)

写真右から、ファンに囲まれる吉岡里帆、吉沢亮、松平健。ファンの歓声を前に、照れくさそうに笑う (撮影/品田裕美)

劇中では歌も披露。「どの世代の方が見てもキュンキュンと切なくなるも、最後にはポジティブな気持ちになれるはず」と力を込めた (撮影/品田裕美)

劇中では歌も披露。「どの世代の方が見てもキュンキュンと切なくなるも、最後にはポジティブな気持ちになれるはず」と力を込めた (撮影/品田裕美)

「キャ~!」というファンの黄色い歓声に包まれたのは、2021年のNHK大河ドラマの主役に抜擢されるなど、飛ぶ鳥を落とす勢いの俳優、吉沢亮(25)。公開中の長編アニメーション映画「空の青さを知る人よ」の完成披露試写会が9月17日、都内で開催され、舞台挨拶に登壇した。

【吉沢亮の写真の続きはこちら】

 アニメの声優初挑戦にして、18歳と31歳の男性キャラクターの声を演じた吉沢は、「プレッシャーもありましたが、アニメファンとして全力でやらせていただきました」と並々ならぬ思いで挑んだことを語った。タイトルにちなみ、「青かった」と思うエピソードを尋ねられると、「高校時代は、ネクラなグループにいて、いわゆる“リア充”の人の悪口をずっと言ってました」と意外な過去を吐露。

「モテそうなキラキラしたカッコいい男の子のことも『別にカッコよくねーから』とか裏で言ってて(笑)。青いというより黒かった。ドス黒めの青みたいな?」と自虐まじりに告白し、場を沸かせた。

 主役を演じる大河ドラマは「青天を衝(つ)け」。ドス黒ならぬ、飛びっきりの青色に向け、突き進め!(構成/本誌・松岡かすみ)

週刊朝日  2019年10月25日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい