北原みのり「生理で『諦める』のはおかしい」

ニッポン スッポンポンNEO

北原みのり

2019/10/19 16:00

 正直いえば、今の時点で私はタンポンを強くは薦められないが(漂白剤を使っている等の理由で)、それでも私の人生、タンポンによって解放された時間がたくさんあった。

 初めてタンポンを使ったのは中学2年生の夏。プールに行く約束をしている友人と「生理になったらどうする?」と話しているとき、「タンポン使えばいいよ」と仲間の一人が教えてくれたのだ。しかも彼女はその場でみんなに1本ずつくれ、「練習しよう」とトイレに誘ってくれた。その日は誰も生理ではなかったけど、私たちは説明書を回し読みし、それぞれ個室に入り「いっせーのせ」と言いながら、タンポンを入れたのだ。今思えば、奇跡のような仲間だった。女友達と一緒に、自分の身体を知っていった。

 そして時代の空気も「ウーマンリブ」の女性たちの「私の身体は私のもの」というメッセージの余韻が残っていたのかもしれない。あの時代、タンポンは、大人の女性の自由の象徴だった。

 そんな空気を懐かしく思いながら、怖がらせてごめん、って彼女に思う。生理の話、これからしよう、もっとしよう。それは女性たちの歴史であり、私たちの人生の話なのだから。

週刊朝日  2019年10月25日号

北原みのり

北原みのり

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。女性のためのセクシュアルグッズショップ「ラブピースクラブ」、シスターフッド出版社「アジュマブックス」の代表

このコラムニストの記事をすべて見る
1 2

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す