順風な妹と苦境の兄 柔道・阿部きょうだいが歩む東京五輪への道

2020東京五輪

2019/10/05 17:00

 2020年東京五輪で活躍が期待される選手を紹介する連載「2020の肖像」。第2回は、きょうだい出場を目指す柔道男子66キロ級の阿部一二三(22)と女子52キロ級の詩(19)。正式競技となった1964年東京五輪から半世紀。日本発祥の柔道が母国の五輪に戻ってくる。金メダル量産の期待がかかるお家芸のなかでも、2人は注目の的だ。苦境に立つ兄、順風の妹。果たして。朝日新聞社スポーツ部・波戸健一氏が2人の関係性や強さの秘密を綴る。

あわせて読みたい

  • 柔道「きょうだい金」阿部詩と一二三の成長曲線 五輪延期前に二人が語っていた「夢」とは

    柔道「きょうだい金」阿部詩と一二三の成長曲線 五輪延期前に二人が語っていた「夢」とは

    AERA

    7/25

    「五輪延期でも目指す目標は変わらない」阿部一二三・詩きょうだいが見据える1年後

    「五輪延期でも目指す目標は変わらない」阿部一二三・詩きょうだいが見据える1年後

    AERA

    3/31

  • 阿部兄妹が試合直後に語った「感謝」の言葉、更なる成長を予感した2人の“人柄”

    阿部兄妹が試合直後に語った「感謝」の言葉、更なる成長を予感した2人の“人柄”

    dot.

    7/26

    大野将平、阿部詩、阿部一二三の敵は「金メダルを獲って当然」の重圧

    大野将平、阿部詩、阿部一二三の敵は「金メダルを獲って当然」の重圧

    dot.

    7/23

  • 「兄が優勝してホッとした」 柔道女子・金メダルの阿部詩【会見全文】

    「兄が優勝してホッとした」 柔道女子・金メダルの阿部詩【会見全文】

    週刊朝日

    7/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す