北原みのり「『少女像』を簡単に見捨てた」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北原みのり「『少女像』を簡単に見捨てた」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

このエントリーをはてなブックマークに追加
北原みのり週刊朝日#北原みのり
北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

イラスト/田房永子

イラスト/田房永子

 先ほどあいちトリエンナーレのHPを見ていて、強烈な女性蔑視AVで名を売った監督による作品(AVではない)が出展されていると知った。公式HPでは彼のことを「『動物として欲し・人間として愛す』矛盾を記録」「欧米とは明らかに違うアジアの性愛について考える上でも重要な作家」と絶賛。AV業界に被害者がいて、性搾取の温床になっていることが指摘されている19年に、“欧米とは違う俺たち(しかもアジアひとくくり)の性愛”とか堂々と記す感覚にただ驚く。“人間の性分は善悪で単純に割り切れない”などということも記されていたが、性暴力も性差別も表現の冒険、という程度の「表現の自由」感覚が、今回のあいちトリエンナーレにはある。

 文化庁の決定は絶対に問題だ。それでも、あいちトリエンナーレに対してどこかひんやりとした気分が抜けないのは、「少女像」も“反権力”としてのエロと同じくらいの軽さでしか捉えていないように見えるから。だから主催者は「少女像」を簡単に見捨てられたのだろう。参加アーティストがただただ、本当に気の毒だ。

週刊朝日  2019年10月11日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

北原みのり

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい