日本で安楽死を合法化してはいけない理由 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日本で安楽死を合法化してはいけない理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
宮下洋一(みやした・よういち)/1976年、長野県生まれ。18歳で単身アメリカへ。スペインで国際論とジャーナリズムの修士号を取得。現在は南フランスとスペイン・バルセロナを拠点に取材を続ける。著書に『卵子探しています』など。 (撮影/写真部・片山菜緒)

宮下洋一(みやした・よういち)/1976年、長野県生まれ。18歳で単身アメリカへ。スペインで国際論とジャーナリズムの修士号を取得。現在は南フランスとスペイン・バルセロナを拠点に取材を続ける。著書に『卵子探しています』など。 (撮影/写真部・片山菜緒)

「欧米では“自分の誇りを守るため”といった個人主義の観点から安楽死を選ぶ人が多いのですが、日本の場合、介護を受ける立場になると、どうしても“迷惑をかけたくない”という考えが出てきます。そうすると、本当は死にたくないけど、周囲の人の大変さを考えると自分が生きていてはいけないと思うようになってしまう。安楽死の法制化によって、本当の望みではない“死”が生まれることは避けられないと思います」

 医学の発達によって寿命が延び、「死」のあり方も多様化する現在。私たちはどのように「死」に向き合うべきだろうか。

「死に“正しさ”はありません。これまで大切にしてきた価値観と照らし合わせながら、それぞれの人が答えを探し出していただければと思います」

(若林良)

週刊朝日  2019年10月4日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい