死体を埋める場所を探して…直木賞作家・黒川博行の“現地調査” (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

死体を埋める場所を探して…直木賞作家・黒川博行の“現地調査”

連載「出たとこ勝負」

このエントリーをはてなブックマークに追加
黒川博行週刊朝日#黒川博行
黒川博行(くろかわ・ひろゆき)/1949年生まれ、大阪府在住。86年に「キャッツアイころがった」でサントリーミステリー大賞、96年に「カウント・プラン」で日本推理作家協会賞、2014年に『破門』で直木賞。放し飼いにしているオカメインコのマキをこよなく愛する (写真=朝日新聞社)

黒川博行(くろかわ・ひろゆき)/1949年生まれ、大阪府在住。86年に「キャッツアイころがった」でサントリーミステリー大賞、96年に「カウント・プラン」で日本推理作家協会賞、2014年に『破門』で直木賞。放し飼いにしているオカメインコのマキをこよなく愛する (写真=朝日新聞社)

※写真はイメージです (Getty Images)

※写真はイメージです (Getty Images)

 メロンパンのような色白の、厚化粧のママが来た。「お飲みものは」

「泡盛。水割りで」

 ママは水割りを作りながら、

「どちらから来ました」

「こちらのふたりは東京で、おれは大阪です」

「観光ですか」

「現地調査です」

「不動産関係?」

「いや、この島で死体を埋めるとこを探してますねん。どこか適当なとこはないですか」

「…………」返事がない。

「保良泉(ボラガー)とか平瀬尾神崎あたりはどうですかね」

「…………」ママ、無言。

「嘘やない。ほんまに探してるんです」

「歌、うたいますか」

「ああ、デュエットしましょか」

 いうと、ママはそそくさと立ってリモコンをとってきた。こちらに訊きもしないで『居酒屋』を入れ、マイクを差し出した──。

 翌日は編集者がレンタカーを運転してくれて島を一周した。保良泉は想像していた情景どおりだったが、平瀬尾神崎は死体を埋めるはずの場所が採石場になっていた。これだから現地取材は欠かせない。採石場の土砂が積もっているところは土が柔らかく、掘るのが楽そうだった。わたしは満足して追加取材を終え、泡盛の十年ものの古酒を土産に買って、無事、宮古島をあとにした。

週刊朝日  2019年10月4日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

黒川博行

黒川博行(くろかわ・ひろゆき)/1949年生まれ、大阪府在住。86年に「キャッツアイころがった」でサントリーミステリー大賞、96年に「カウント・プラン」で日本推理作家協会賞、2014年に『破門』で直木賞。放し飼いにしているオカメインコのマキをこよなく愛する

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい