三浦春馬が思わず「結婚しないかもしれない」と話した理由 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

三浦春馬が思わず「結婚しないかもしれない」と話した理由

週刊朝日
三浦春馬さん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・東川哲也)

三浦春馬さん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・東川哲也)

三浦春馬(みうら・はるま)/1990年、茨城県生まれ。97年にNHK連続テレビ小説「あぐり」でデビュー。2008年、映画「恋空」で第31回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。以来、さまざまなドラマ、映画などで活躍。16年に初上演したミュージカル「キンキーブーツ」で第24回読売演劇大賞優秀男優賞と杉村春子賞を受賞。今年は舞台「罪と罰」「キンキーブーツ」で主演を演じた。主演映画「アイネクライネナハトムジーク」が9月20日から全国映画館で公開される。 (撮影/写真部・東川哲也)

三浦春馬(みうら・はるま)/1990年、茨城県生まれ。97年にNHK連続テレビ小説「あぐり」でデビュー。2008年、映画「恋空」で第31回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。以来、さまざまなドラマ、映画などで活躍。16年に初上演したミュージカル「キンキーブーツ」で第24回読売演劇大賞優秀男優賞と杉村春子賞を受賞。今年は舞台「罪と罰」「キンキーブーツ」で主演を演じた。主演映画「アイネクライネナハトムジーク」が9月20日から全国映画館で公開される。 (撮影/写真部・東川哲也)

林:最近は役の幅が広がってきたとおっしゃってましたけど、今年、舞台は「キンキーブーツ」と「罪と罰」もなさったんですね。主役のラスコリニコフを。

三浦:はい。「罪と罰」のあとに、「キンキーブーツ」をやらせてもらいました。

林:舞台と映像と、どちらが向いてると思ってます?

三浦:どうなんでしょうね。おもしろい作品に参加したいなと思っていて、どちらでも輝きたいなと思ってますね。

林:そしてドラマ「TWO WEEKS」(フジテレビ系)もすごい人気ですね。

三浦:ありがとうございます。

林:うちの大学生の娘が、ずっとドラマを録画して熱心に見てますよ。このごろの若い子は、テレビも録画して見るんですよね。彼女、「いいドラマほどみんな録画してるんだよ。録画しないのはジジババが見るドラマだけ」なんて言ってましたけど(笑)。

三浦:ハハハハ、おもしろいお嬢さんですね。

林:ふだん、お酒とか飲みに行ったりする時間はあるんですか。

三浦:はい、普通にありますよ。

林:これから、そういうところも含めて出会いがあるといいですね。

三浦:アハハハ、そうですね。いい人に出会えればいいなと思います。

林:でも、スターの人ってふつうの女の子と出会うチャンスなんてないですよね。

三浦:まあそうですね。向こうとしては著名人としての認識から始まりますからね。

林:三浦さんぐらいになっちゃうと、ファンの人も近づけないしね。そのうち、(小泉)進次郎さんみたいに突然「エッ!」みたいなことがあるかもしれない(笑)。

三浦:アハハハ。

林:どういう人と結婚されるのか、すっごい楽しみ。

三浦:結婚しないかもしれないですけどね。

林:ファンの人はそれを望んだりもしますけどね。ずっとカッコよく一人でいてくださることを願って。

三浦:考えておきます(笑)。

(構成/本誌・松岡かすみ)

週刊朝日  2019年9月27日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい