「いじられるタイプ」だったという22歳男子大学生の素顔 池袋ホテル事件

今井良週刊朝日
 東京・池袋のホテルで女性の遺体が見つかった事件で、逮捕された大学生の男が、大型のポリ袋を事前に量販店で購入していたことがわかった。

 警視庁は18日、埼玉県入間市に住む大東文化大学4年の北島瑞樹容疑者(22)を殺人容疑で逮捕した。調べに対して、容疑を認めているという。

 捜査本部によると、北島容疑者は12日午後6~8時ごろ、東京都豊島区池袋のホテル2階の客室で、東京都江東区南砂の無職荒木ひろみさん(36)の首を圧迫して窒息死させた疑いが持たれている。調べに対して、「手で首を絞めた」と供述している。

 ホテルの防犯カメラには12日午後3時40分頃、キャリーケースを持った若い男が一人で入室し、約2時間後の午後5時半過ぎに荒木さんが同じ部屋に入る様子が映っていた。そして午後7時40分ごろに男だけが部屋から立ち去り、キャリーケースを引いた男がJR池袋駅に徒歩で向かっていた。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック