母・樹木希林の晩年の願いは「自分が死んでいく姿を見せたい」内田也哉子が語る (4/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

母・樹木希林の晩年の願いは「自分が死んでいく姿を見せたい」内田也哉子が語る

このエントリーをはてなブックマークに追加
内田也哉子(うちだ・ややこ)/1976年、東京都生まれ。著書に『ペーパームービー』、『親と子が育てられるとき』(志村季世恵と共著)、『BROOCH』、翻訳書に『たいせつなこと』『岸辺のふたり』など。映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」で第31回日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。音楽ユニットsighboatのメンバー。夫は俳優の本木雅弘で、3児の母。新刊『この世を生き切る醍醐味』(朝日新書)、『9月1日 母からのバトン』(ポプラ社)が発売中。 (撮影/写真部・片山菜緒子)

内田也哉子(うちだ・ややこ)/1976年、東京都生まれ。著書に『ペーパームービー』、『親と子が育てられるとき』(志村季世恵と共著)、『BROOCH』、翻訳書に『たいせつなこと』『岸辺のふたり』など。映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」で第31回日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。音楽ユニットsighboatのメンバー。夫は俳優の本木雅弘で、3児の母。新刊『この世を生き切る醍醐味』(朝日新書)、『9月1日 母からのバトン』(ポプラ社)が発売中。 (撮影/写真部・片山菜緒子)

内田也哉子さん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・片山菜緒子)

内田也哉子さん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・片山菜緒子)

林:そこがいま称賛されてますよね。お母さまが若いころにお父さまと離婚して好きに生きてたら、こんなに共感を呼ばなかったと思う。

内田:母は、その前に文学座で出会った人と結婚してたんです。5年ぐらい。

林:岸田森さんですね。

内田:はい。すごく幸せな生活で、話も合うし、穏やかだし、金銭的にも安定した生活だったけれど、そこにものすごい絶望を感じたんですって。「これが一生続くのかと思うと絶望しかなかった。嵐のようなカオスの中の一瞬の平和にこそ大きな喜びがあるんだ」って。そして裕也と出会ったときに、「このカオスを常に背負っていたい」と思って、息をするのも苦しいぐらいになっちゃったんですって。ふつうの平和では満足できなかったから、「裕也を利用させてもらってるのは私だ。えらい迷惑をこうむってるのは裕也なんだ」って言うんです。

林:わぁ、なんかすごいな。ちょっと宗教的な境地かもしれない。

内田:母はもともと仏教の女学校だったし、20代の半ばぐらいから哲学書から宗教書からいろいろ読みあさってたんですって。読んで読んで、それを自分の中で反芻してきたので、すべて自分に原因があるんだ、という考え方が根本にあると思うんです。

(構成/本誌・松岡かすみ)

>>後編へ続く

週刊朝日  2019年9月20日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい