母・樹木希林の晩年の願いは「自分が死んでいく姿を見せたい」内田也哉子が語る (3/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

母・樹木希林の晩年の願いは「自分が死んでいく姿を見せたい」内田也哉子が語る

このエントリーをはてなブックマークに追加
内田也哉子(うちだ・ややこ)/1976年、東京都生まれ。著書に『ペーパームービー』、『親と子が育てられるとき』(志村季世恵と共著)、『BROOCH』、翻訳書に『たいせつなこと』『岸辺のふたり』など。映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」で第31回日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。音楽ユニットsighboatのメンバー。夫は俳優の本木雅弘で、3児の母。新刊『この世を生き切る醍醐味』(朝日新書)、『9月1日 母からのバトン』(ポプラ社)が発売中。 (撮影/写真部・片山菜緒子)

内田也哉子(うちだ・ややこ)/1976年、東京都生まれ。著書に『ペーパームービー』、『親と子が育てられるとき』(志村季世恵と共著)、『BROOCH』、翻訳書に『たいせつなこと』『岸辺のふたり』など。映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」で第31回日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。音楽ユニットsighboatのメンバー。夫は俳優の本木雅弘で、3児の母。新刊『この世を生き切る醍醐味』(朝日新書)、『9月1日 母からのバトン』(ポプラ社)が発売中。 (撮影/写真部・片山菜緒子)

内田也哉子さん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・片山菜緒子)

内田也哉子さん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・片山菜緒子)

林:それでずっとイギリスにいらしたんですね。

内田:去年の夏も向こうにいたので、そういう後悔はあります。うちの家族は昔から家族関係がいちばん緊張するという家庭だったんで、家族のやすらぎの時間なんてほとんどなかったんですよ。小さいころはほんとに厳しかったです。

林:放任じゃなかったんだ。

内田:放任なんだけど、母の強靱な精神というか、昔は何者も寄せつけないぐらい殺気立っていて、仕事の現場でもしょっちゅう大ゲンカしたり、道で誰かが声をかけてくると「見ないで。パンダじゃないんだから」ってケンカが始まるし、私はビクビクしながら一緒にいました。

林:そうなんですか。ちょっと想像できないです。

内田:特に思春期は母に対して反発心があったし、モメごともかなりありました。まったく理解できなかったです。なぜ別居しているのに離婚しないのかということがもどかしくて。周りから漏れてくる声も「(内田さんは)いっぱい女の人とつき合ってるのに、黙ってるのはおかしい」とかなんだけど、母が「ありがたいわ。(女の人に)お世話してもらって」って言うんですよ(笑)。母はいっさい父の悪口を言わずに、「お父さんがいるからこそ、この家庭が成り立っている」って言うんです。いつもいないし、たぶん一円ももらったことがないのに。

林:「夫は私に、私は夫に、お互いに中毒だから別れられない」とおっしゃってたんでしょう?

内田:離れれば離れるほど、お互いの存在が心の中で大きくなっていった二人だったんだなと思いますね。

林:お母さま、「ああいう御しがたい存在は、自分を映す鏡になる」とおっしゃってたみたいですね。

内田:一見、母が善、父が悪みたいに見えるんだけど、母は「そうじゃない」って私に言い続けたんですよね。「おんなじものを持っている。善も悪も。むしろ善の部分は裕也のほうがずっと透き通ってる。その部分だけは絶対に離さないという気持ちで来た」って。そこまで貫くって難しいじゃないですか。それが母の強さだったんだろうなと思いますね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい