“天陽ロス”に…NHK朝ドラ「なつぞら」で吉沢亮がウケた理由 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“天陽ロス”に…NHK朝ドラ「なつぞら」で吉沢亮がウケた理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
太田サトル週刊朝日
かっこいいだけではない薄幸感?山田天陽を演じた吉沢亮 (c)朝日新聞社

かっこいいだけではない薄幸感?山田天陽を演じた吉沢亮 (c)朝日新聞社

「なつは、なんだかんだといろいろうまくいっているんです。初恋のようなにおいも少しはありましたが、それは進展することもなかった。なつがアニメの世界に進むよう導いてくれたのも天陽くんでした。今回のヒロインでは味わえない不幸や不運、挫折だとかを引き受けてくれた。そういう意味で天使のような存在ですよね」

 亡くなる前夜、徹夜で馬の絵を描き上げた天陽。最後は、自分のジャガイモ畑に足を運び、かぶっていた麦わら帽子を宙に投げ、倒れ込むという、少し幻想的な映像だった。吉田さんは言う。

「ファンタジーでしたねぇ(笑)。顔が美しくて薄幸、薄命が似合う吉沢亮に、現場も何かを課したくなったのかもしれませんね。多くの人の印象に残るシーンになったでしょうし、実際に『天陽くんロス』が起こったわけですから、成功ですよね」

 ドラマも残り3週。

「生き別れの妹のことや、大草原で生きる少女を描く作品の制作など、まだまだ盛り上がる要素はたくさんあります」(田幸さん)

 ずっとロスってる場合では、ない?(本誌・太田サトル)

週刊朝日  2019年9月20日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい