嵐、KinKi Kids、Snow Man、SixTONESが語るジャニーさん「嫌がっていた写真を最近、撮らせてくれた」(松本潤)

週刊朝日

取材に応じる嵐(撮影・加藤夏子) (15:01)週刊朝日

取材に応じる嵐(撮影・加藤夏子) (15:01)週刊朝日
 7月に亡くなったジャニーズ事務所の創業者、ジャニー喜多川さん(87)の「お別れ会」が9月4日午前11時から東京ドームで行われた。近藤真彦、東山紀之、中居正広、木村拓哉、TOKIO、KinKi Kids、嵐、King&Princeらジャニーズ事務所の所属タレント154人や親交のあった芸能関係者、メディア関係者などの数百人が参列した。

【写真特集】嵐、KinKi Kids、SixTONES、元光GENJIのメンバーなども…参列者の写真はこちら

 タレントを代表して挨拶した近藤は、ジャニーさんが「ユー、やっちゃいなよ」とタレントを叱咤激励した在りし日の思い出などを語った。

「ジャニーさんが愛した東京ドームで見送れたことを感謝します」と野球好きのジャニーさんを偲び、安倍晋三首相からの弔電を代読した。

 「関係者の部」が終わった後、嵐が囲み取材に応じた。相葉雅紀はこう語った。

「僕がジャニーズになって初めて、ジャニーさんから『”世界中に嵐を巻き起こしたい”と言いなさい」と言われました。嵐になったスタート時に一番最初に、ジャニーさんからもらった言葉というのを思い出していました」

「オーディションの時、会場に入ったら椅子を並べているおじさんがいて、『どうもどうも、すみません』って座って、みんなに椅子を並べてあげて、最後に『僕がジャニーです』って知らされて『えっ、社長ってこんなことするの』って。それだけ現場で第一線に立っていた」

 続いて二宮和也が話す。

「先輩とか後輩とか、世代によってジャニーさんに残っている印象が違うです。ジャニーさんは本当に優しくて、ものすごくフレンドリー。タレントだけでなくスタッフに対してもそうでした」

「歌ったりお芝居したり、いろんなことを経験しなさいということを言われました。『できる』『できない』じゃなくて、『やるか』『やらないか』という判断を教えられた。『できないかもしれないけどやる』ということを教えられました」

 松本潤はこう続けた。

「一番最初にジャニーズ入るきっかけになったのが、96年の5月にジャニーさんから一本電話をいただいて、それがきっかけで今ここにいる。特に晩年、ここ何年かはなかなかジャニーさんに会う機会がなくて、昔デビューした当時は、ジャニーさんは絶対写真撮らせてくれなかったんですけど、(最近は)『いいよ』って撮らせてくれていたんです」

続きを読む

次ページ>

松潤が明かしたジャニーさんの素顔

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック