きっかけはお母さん 慶応、早稲田の女子が「週刊朝日」表紙モデルに

松岡かすみ週刊朝日
週刊朝日の表紙を飾った京さくらさん(左)と櫻井優衣さん [COVER STAFF 撮影/渡辺達生、スタイリング/富田育子、ヘア&メイク/米澤和彦(エスキス)、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO]
拡大写真

週刊朝日の表紙を飾った京さくらさん(...

 女優、タレント、アナウンサーなどを輩出した週刊朝日の名物企画「女子大学生公募モデル表紙」。今年は45年にもわたり、アイドルや女優を撮り続けてきた渡辺達生さんが彼女たちの魅力を引き出す。

【写真特集】オーディションで選ばれた「今年の女子大生」4人の写真はこちら

 今週の表紙を飾ったのは、「昨日は寝つけなかったんです」と話す京さくらさん(慶応義塾大学・文学部4年)と、「一瞬で眠りに落ちました」と笑う櫻井優衣さん(早稲田大学・文学部3年)。対照的な回答とは裏腹に、息の合ったテンポで、撮影にのぞんでくれた。二人とも、表紙モデルへの応募は、母の後押しがきっかけ。モデル決定の連絡に、「(母も)すごく喜んでくれました」とにっこり笑う。

 演劇好きの櫻井さん。ミュージカルの部活を通じ、演じる楽しさを体感してきた。

「車のBGMは決まって劇団四季の音楽。年始も、家族で宝塚を見に行ったりと、演劇大好き一家で育ちました」(櫻井さん)

 京さんは、中高時代にチアとバトンに熱中してきたアクティブ派。現在はスポーツジムで、筋トレに励む日々だ。

「この撮影は、一生の思い出です」(京さん)

(本誌・松岡かすみ)

週刊朝日  2019年9月6日号

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック