体質を8タイプに分類! あなたはどれ? 帯津医師が解説 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

体質を8タイプに分類! あなたはどれ? 帯津医師が解説

連載「ナイス・エイジングのすすめ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
帯津良一週刊朝日#帯津良一
帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

※写真はイメージです (c)朝日新聞社

※写真はイメージです (c)朝日新聞社

 燥タイプは体に水気がない(皮膚がカサカサしている)人。湿タイプは体に水気が多い(すぐにむくんだり、むくみっぽい)人です。

 この三つの対立したタイプを組み合わせると、「熱実燥」「熱実湿」「熱虚燥」「熱虚湿」「寒実燥」「寒実湿」「寒虚燥」「寒虚湿」の8通りのタイプが出来上がります。もちろん、人間はもっと複雑なもので、八つのタイプに分類されるものではありませんが、大雑把に自分はどのタイプかを知ることができます。

 ちなみに私のことをいいますと、まず熱タイプです。身体が熱を保持しやすいので一年中、薄着で間に合います。真冬でも仕事中は裸足です。

 また体温が上昇し過ぎるのを防ぐためにしばしば下痢をします。突然の下痢です。しかし、そういう体質だとわかっているので、あわてません。

「実」と「虚」については実の方だと思います。高血圧で、突然の下痢以外は便秘気味ですから。実タイプの人は辛いものや苦いものを食べるといいのです。大根、鶏卵、酢、コショウ、カレーなどです。

「燥」と「湿」については、どちらかというと燥です。燥タイプが食べるといいものは豆腐で、私は大好物なので、ばっちりです。

 自分の体質を知ると、何が自分にとって自然なのかがわかります。そこからはずれたら要注意です。みなさんもまず「己を知る」ことを始めてください。

週刊朝日  2019年8月30日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

帯津良一

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい