甲子園屈指の好投手、星稜・奥川の欠点は「左ひざ」 東尾修が指摘 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

甲子園屈指の好投手、星稜・奥川の欠点は「左ひざ」 東尾修が指摘

連載「ときどきビーンボール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
東尾修週刊朝日#東尾修
東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

台湾プロ野球で始球式を務めた=(c)SEIBU Lions

台湾プロ野球で始球式を務めた=(c)SEIBU Lions

 プロで1年目から活躍できる完成度はあるが、松坂、田中のように球界を背負える投手になるために、という観点で1点だけ指摘しておきたい。これは大会中に直すというよりも、もっと上のステージ=プロで戦うための話という前提で話をさせていただく。「左ひざ」だ。右足一本で立ち、体重移動していく時に腰高で、左足に乗り切れていない。少し三塁方向に体が流れるため、スライダーは抜け、直球を右打者の外角低めにひっかく球があった。大会後でいいから左ひざを柔らかく使って、左足に乗って投げる「意識」を持つだけで、もっと良くなる。

 決して「修正」と思わないこと。直そうという意識が強すぎると、今でも及第点といえるバランスが崩れる可能性があるからだ。この大会はおそらく失点しないこと、勝つための投球を行うだろうね。だから大会に入ってから、修正できることは普段やっていることだけでいい。終わってから、プロに入るのであれば、その期間で意識を持って取り組めばいいことだ。

 試合ではセットポジションでいいが、練習のうちは、ワインドアップかノーワインドアップでもっと大きく体を使って、上半身と下半身のバランスを探ることも大事。「完成」するのはもっともっと先でいい。

週刊朝日  2019年8月30日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

東尾修

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい