「坂本勇人2世」と称された八戸学院光星の主将・武岡龍世の敗北と苦悩

田中将介週刊朝日
試合後、引きあげる八戸学院光星の選手たち(C)朝日新聞社
拡大写真

試合後、引きあげる八戸学院光星の選手...

「坂本勇人2世」と称される1番・遊撃手には、ほろ苦い夏となった。

 18日の第101回全国高校野球選手権大会準々決勝。明石商(兵庫)を1点差で追う九回裏2死二塁、八戸学院光星(青森)の主将・武岡龍世に最後の打席が回ってきた。

【写真】試合後、引きあげる八戸学院光星の選手たち

 「お前が打つしかないからな」

 ネクストバッターズサークルで、2人のチームメートから背中をたたかれた。

 ここまで5打数無安打。相手は、七回からマウンドに上がった2年生右腕の中森俊介だ。この日、150キロ超の直球を投げ込んできていた。

「俺が打つ」

 気合十分で打席に入った。

「真っすぐを狙っていた」

 カウント1―1からの3球目。直球をとらえた打球は右翼に高々と上がった。だが、右翼手のグラブに収まった。

「中森くんの真っすぐは想像以上でした」

 6―7で敗退。武岡の戦いは、ベスト8で幕を閉じた。

 巨人の坂本勇人(八戸学院光星卒)に憧れ、徳島から青森に来た。1年時から先発の座をつかんだ。

 高校通算22本塁打、50メートル走5秒9の俊足。さらに、仲井宗基監督に

「守備にかけては坂本勇人の高校時代より上」と言わしめるほどだ。

 しかし、昨夏の2回戦では同じ近畿勢の龍谷大平安(京都)に1―14と大敗した。主将となって迎えた今春の選抜大会では初戦で広陵(広島)に0―2で敗退した。春の県大会も初戦で青森山田に敗れた。

「チームがバラバラになりかけた」

 ノーシードから挑んだ最後の夏だった。

「苦しい時もあったけれど、3年生中心のチームなので、皆で頑張ろうと声をかけた」

 一致団結して戦った青森大会は、1試合平均12得点という圧倒的な打力で勝ち上がった。今大会も、強豪・智弁学園(奈良)などを破った。

「自分が打っていれば…」

 そう悔しさをにじませたが、周りの3年生の仲間が奮闘してくれた。

 選抜4強の明石商に二回までに5点リードされたが、三回に5番・大江が中前2点適時打を放ち、五回にも敵失に乗じて2点を挙げた。六回には6番・下山が押し出し四球を選んで一度は同点に追いついた。粘りは見せた。

「本当に楽しかった」

 武岡は3季連続で出場した甲子園を、こう振り返った。

 プロ注目の遊撃手。次の目標は、「プロ野球選手」として甲子園に戻ってくることだ。(本誌・田中将介)

※週刊朝日オンライン限定記事

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック