ブームの“粉骨” 値段は? やり方は? 海洋散骨は漁師の副業にも

2019/08/19 07:00

 遺骨を“粉骨”する人が増えている。粉骨して海洋散骨や樹木葬というかたちで自然に返すためだ。背景には、少子高齢化で墓守が少なくなっているという現実がある。粉骨や海洋散骨の現場はどうなっているのか。ジャーナリストの田茂井治氏が潜入取材した。

あわせて読みたい

  • 散骨のため遺骨を粉末に、下町の粉骨工場を見学した

    散骨のため遺骨を粉末に、下町の粉骨工場を見学した

    AERA

    8/12

    島田陽子さんも「宇宙葬」予約済み 供養の場広がる「散骨」最前線

    島田陽子さんも「宇宙葬」予約済み 供養の場広がる「散骨」最前線

    AERA

    3/25

  • 首都圏なら300万円も…お金がかかる“墓じまい” 最も安い場所は…

    首都圏なら300万円も…お金がかかる“墓じまい” 最も安い場所は…

    AERA

    8/12

    ドライブスルー葬儀、葬式「早割」… 多死社会を救う葬儀ビジネス

    ドライブスルー葬儀、葬式「早割」… 多死社会を救う葬儀ビジネス

    AERA

    8/11

  • 管理が大変だし跡継ぎはいないし… お墓を片付ける人が急増中

    管理が大変だし跡継ぎはいないし… お墓を片付ける人が急増中

    AERA

    8/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す