ユーミン×Char対バンに懐かしい青春の香り ラジオマンら陶酔 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ユーミン×Char対バンに懐かしい青春の香り ラジオマンら陶酔

連載「RADIO PA PA」

このエントリーをはてなブックマークに追加
延江浩週刊朝日#延江浩
延江浩(のぶえ・ひろし)/1958年、東京都生まれ。慶大卒。TFM「村上RADIO」ゼネラルプロデューサー。国文学研究資料館・文化庁共催「ないじぇる芸術共創ラボ」委員。小説現代新人賞、ABU(アジア太平洋放送連合)賞ドキュメンタリー部門グランプリ、日本放送文化大賞グランプリ、ギャラクシー大賞など受賞

延江浩(のぶえ・ひろし)/1958年、東京都生まれ。慶大卒。TFM「村上RADIO」ゼネラルプロデューサー。国文学研究資料館・文化庁共催「ないじぇる芸術共創ラボ」委員。小説現代新人賞、ABU(アジア太平洋放送連合)賞ドキュメンタリー部門グランプリ、日本放送文化大賞グランプリ、ギャラクシー大賞など受賞

Char(左)とユーミンのコラボ

Char(左)とユーミンのコラボ

 TOKYO FMのラジオマン・延江浩さんが音楽とともに社会を語る、本誌連載「RADIO PA PA」。今回は「ユーミンとCharの夢のコラボ」について。

【写真】夢のコラボ!ユーミンとCharのライブシーンがこちら

*  *  *
 ワクワクする対バンだった。ユーミンとCharは、ともにティーンでデビューした早熟の天才である。Charは8歳でギターを始め、11歳でバンドを結成するとドアーズをコピー、中学3年でスタジオミュージシャンに。14歳からキャンティに出入りしたユーミンは17歳で作曲家デビュー、72年にかまやつひろしのプロデュースで荒井由実としてシングル「返事はいらない」をリリース、翌年リリースしたアルバム「ひこうき雲」は今も永遠の名盤として聴き継がれている。

 八王子の呉服屋の娘と品川戸越の開業医の息子。良家の子女で元祖ロックを愛する少年少女の対バンは、会場が専門学校キャンパス内の施設ということで、どこか懐かしい青春の香りがする学園祭のノリとなった。

「ユーミンとかオレがウロウロしていた日比谷野音や共立講堂では、先輩のバンドがライブをやっていて、クリエイションもフラワー・トラベリン・バンドもサディスティック・ミカ・バンドも、あそこから海外へ出て行った」とChar。

 そんな思い出話も含め、オープニングは二人の音楽談義の映像が流れた。

「付き合っている女の子の家に行くと、荒井由実のレコードがあるんだよ。洋楽のメロに、よく日本語を乗っけているなっていうのを検証できた。当時のスッチー(スチュワーデス)は普段洋楽しか聴かないって顔をしているのに、とにかく家に行くと必ずあるんだよ」

「それがお嬢さんの成れの果て(笑)」(ユーミン)

「同性に好かれるのはすごい大事で、特に女子の方が情報をゲットするのが早いんだな」

「意識しているわけじゃないけど、作品のリアリズムだと思う。それまで、女の子の歌って男目線の歌詞だったけど、私は普通に女子が思うこととか風景を歌っていたから、シンパシーを持ってもらえたんじゃないかな」とユーミン。

 Charとのデュエット「Corvett 1954」でユーミンのライブがスタート。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい