ミッツ・マングローブ「舞台裏を商品化させた強みとリスク」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミッツ・マングローブ「舞台裏を商品化させた強みとリスク」

連載「アイドルを性せ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミッツ・マングローブ週刊朝日#ミッツ・マングローブ
ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

「よしもと」といえば、なんばグランド花月 (c)朝日新聞社 (※写真はイメージです)

「よしもと」といえば、なんばグランド花月 (c)朝日新聞社 (※写真はイメージです)

 そして、現在の吉本興業に関する一連の件に関しても、改めてその「知ってる前提」の強大さを実感することしきり。もちろん、ほとんどの日本人は「よしもと」と聞いて「何それ?」とはなりません。今までもずっと、よしもとの歴史・人間関係・ギャラ事情といったまさに「舞台裏」を、芸人さんたちのプロの話術によって「消費」しまくってきたわけで、言わば「よしもとの舞台裏」にはれっきとした商品価値があるというのは紛れもない事実です。その結果、吉本芸人さんたちにとって「よしもと」は、極めて一般常識的なコンセンサスとして進めても「問題ない」という認識がかなり根付いているように感じます。同時に世間も、「舞台裏」を見せられ消費することで、どこか「当事者」になったような気になっている感がなくもない。

 しかしこれ以上の「舞台裏」は、今までのように商品やショーとして消費するわけにはいきません。無論、彼らもこれを「売り物」にしているつもりなど毛頭ないことは重々承知の上ですが、このまま行くと世間の「よしもと認識」自体に綻びをきたすような気がしてならないのです。私も、どんなに「二丁目」が浸透しようと、3回に1回は「東京に新宿2丁目というエリアがあるんですけど……」という前置きを付けるようにしています。この自覚って結構大事だと思うのです。

週刊朝日  2019年8月9日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

ミッツ・マングローブ

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい