報道陣から失笑漏れた 吉本・岡本社長の居座り「辞めるつもりない」「(続投理由)聞いときます」とボケも  (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

報道陣から失笑漏れた 吉本・岡本社長の居座り「辞めるつもりない」「(続投理由)聞いときます」とボケも 

このエントリーをはてなブックマークに追加
多田敏男、太田サトル週刊朝日
異例のロングラン会見をした吉本の岡本昭彦社(撮影・多田敏男)

異例のロングラン会見をした吉本の岡本昭彦社(撮影・多田敏男)

 吉本興業が7月22日午後に開いた異例のロングラン会見--。

 岡本昭彦社は雨上がり決死隊・宮迫博之やロンドンブーツ1号2号の田村亮の処分を撤回し、復帰を呼びかけた。2人が涙ながらの会見をして世論の同情が高まったため、取り込む狙いがあるとみられる。岡本社長も会見で号泣する場面もあった。

【写真】会見では「笑ってはいけない」でおなじみの藤原副社長も発言!その表情は…

 会見では岡本社長のパワハラまがいの不適切な発言を巡り何度も質問が出たが、「冗談のつもりだった」と何度も釈明。報道陣からも失笑が漏れた。

 宮迫や田村らに「会見するのであれば全員クビにする」と言ったことについてはこのように釈明した。

「父親が息子に勘当や、ええかげんにせいというつもりだった。会見を止めるつもりはなく、僕の気持ちを正しく伝えられなかったところが僕のだめなところ」

 クビという発言をすること自体パワハラではないか、との記者の指摘には、「僕的にはそんなつもりはないが、相手がどう受け止めるかですから」と不適切な発言だったことを認めた。

 ほかの芸人や社員にもそうした恫喝(どうかつ)をしているのではないかという追及には、「若いころは怒ったこともありました。今は(社長の)部屋で1人でいるのでない」とした。

 宮迫らが振り込め詐欺グループの宴会に出て現金をもらっていたことがわかったのに、謝罪会見を早期にさせなかったことについても、判断ミスを認めた。

「いま思うとそうするべきだったんだと思います。ただ、その当時の状況で言うと我々にも余裕がなかった」

 自ら不適切な発言やパワハラ、判断ミスを認めた岡本社長だが、進退については辞任を否定。岡本社長と大崎洋会長は役員報酬50%を1年間カットすることで責任をとるという。こう言い切った。

「まだまだいろんな調査があるのでそれをやりきる。僕自身がどこまで変われるかが大きな問題。自分自身がしっかり変わっていくことでみなさんに評価されたい。僕的には、笑いを愛し笑いを作られる方を愛していることについては、人一倍だと思っている」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい