本当に“もうけている”経営者収入ランキング 1位は? (2/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

本当に“もうけている”経営者収入ランキング 1位は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
浅井秀樹週刊朝日
ソフトバンクグループの孫正義社長兼会長(左)、ファーストリテイリングの柳井正社長兼会長 (c)朝日新聞社

ソフトバンクグループの孫正義社長兼会長(左)、ファーストリテイリングの柳井正社長兼会長 (c)朝日新聞社

経営者収入ランキング 1/2
※2018年度の役員報酬と配当収入の合計で東京商工リサーチまとめ。単位は従業員平均給与以外は100万円。役職は有価証券報告書の記載時点のもの (週刊朝日2019年7月26日号より)

経営者収入ランキング 1/2
※2018年度の役員報酬と配当収入の合計で東京商工リサーチまとめ。単位は従業員平均給与以外は100万円。役職は有価証券報告書の記載時点のもの (週刊朝日2019年7月26日号より)

経営者収入ランキング 2/2
※2018年度の役員報酬と配当収入の合計で東京商工リサーチまとめ。単位は従業員平均給与以外は100万円。役職は有価証券報告書の記載時点のもの (週刊朝日2019年7月26日号より)

経営者収入ランキング 2/2
※2018年度の役員報酬と配当収入の合計で東京商工リサーチまとめ。単位は従業員平均給与以外は100万円。役職は有価証券報告書の記載時点のもの (週刊朝日2019年7月26日号より)

 3位は前出のソフトバンクのフィッシャー副会長で、総額のほとんどが役員報酬だ。同社の経営陣は上位50人に7人が入る。孫氏は6月に都内であった株主総会でこう説明した。

「欧米ではもっと高額の報酬も、ときによっては支払われます。どのくらい会社の価値増大に貢献したかも重要な物差しで、世界中の有能な経営者は取り合い状態。バランスも大切だが、ソフトバンクの株主価値を増やすのにその金額が必要か、必要でないか、その一点が決め所ではないかと思っています」

 昨年、知名度が急上昇した経営者といえば、衣料通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するZOZOの前澤友作社長。女優の剛力彩芽とつきあっていることや、ツイッター上で「お年玉」を配る企画などで注目された。ランキングでは約28億円で5位。ZOZOの前身となる企業を1998年に立ち上げてから短期間で、国内最大級のネット衣料通販会社に育てた。

 ほかにはソフトバンクと提携したトヨタ自動車の豊田章男社長が15位。孫社長と同じくプロ野球の球団オーナーとしては、ディー・エヌ・エー(DeNA)の南場智子会長が28位、楽天の三木谷浩史社長兼会長が33位だった。

 外国人経営者では製薬大手の武田薬品工業のクリストフ・ウェバー社長が11位。武田では36位にもアンドリュー・プランプ取締役が入った。

 ほかの企業でも、日本人経営者よりもうけている外国人がたくさんいる。中には日本人の社長より報酬が高い役員も少なくない。つばめ投資顧問の栫井駿介代表はこう解説する。

「世界中から経営者を招こうとすると、それだけの報酬を払わなければ来てくれません。外国人が上位に並ぶのは、優秀な経営者が日本に少ないことを示しています。一方で、高額報酬は海外でも問題になっています。1株当たりの配当額は創業者でもそれ以外の株主でも同じなので、配当収入が高いのはまだいいですが、『プロ経営者』への高額報酬はいかがなものかと思います」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい