「大竹しのぶさんと共演したい」ソニンが見つけた“輝ける場所”とは (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「大竹しのぶさんと共演したい」ソニンが見つけた“輝ける場所”とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
菊地陽子週刊朝日
ソニン/1983年生まれ。高知県出身。2000年、音楽ユニットのメンバーとして歌手デビュー。02年、ソロ活動を開始。16年、菊田一夫演劇賞、19年、読売演劇大賞優秀女優賞など、ミュージカル女優としての受賞歴多数 [撮影/遠崎智宏、ヘアメイク/石田絵里子(エアーノーツ)、スタイリスト/Die-co★]

ソニン/1983年生まれ。高知県出身。2000年、音楽ユニットのメンバーとして歌手デビュー。02年、ソロ活動を開始。16年、菊田一夫演劇賞、19年、読売演劇大賞優秀女優賞など、ミュージカル女優としての受賞歴多数 [撮影/遠崎智宏、ヘアメイク/石田絵里子(エアーノーツ)、スタイリスト/Die-co★]

 12年には、文化庁の新進芸術家海外研修制度を利用し、約1年間、ニューヨークに留学する。

「留学中は、いくつも壁にぶつかって、しょっちゅう泣いていました。才能も実力も努力もすごい人たちを目の当たりにして、打ちのめされることも多かった。でも同時に、テクニックだけでは、人の心を揺さぶることができないことも学びました。“もっと芝居や歌がうまくなりたい”という思い以上に、大竹さんのように、人の心に残る芝居がしたいと考えるようになった。ニューヨークで得た一番のことは、精神を強く保つ秘訣だったかもしれないです」

 9月開幕のA New Musical「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」は、ブロードウェーの新進気鋭ソングライティングコンビと日本のクリエーティブ・チームがタッグを組む。

「芸術の世界は、制限をかけたらおしまいだと思うんです。日本から新しいミュージカルが生まれていく、その現場に立ち会えることは幸せ。私は、自分の努力や悪あがきを人にお見せすることを恥ずかしいと思わないタイプなので(笑)、なりふり構わず食らいついていきたいです」

(取材・文/菊地陽子)

週刊朝日  2019年7月19日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい