濃厚卵が旨さを後押し! 研ナオコがおかわりする極上サーロイン

「炙りサーロイン」(1枚1500円)は、脂やスジをていねいに取り除き、霜降り肉の最上の部分だけを薄くスライス。肉に甘辛いタレを絡めて軽く炙り、生卵にくぐらせれば、すき焼きのようにとろけるような味わい。黄身が濃厚な卵もおいしさを後押しする。4種類の赤身肉の食べ比べができる「赤身盛り」(4800円)も人気。税込み(撮影/写真部・片山菜緒子)
【麻布十番 焼肉BULLS】/東京都港区麻布十番2ー5ー1 マニヴィアビル3F(営)11:30~14:30L.O. 17:00~23:00L.O.(飲み物23:30L.O.)(休)なし
拡大写真

「炙りサーロイン」(1枚1500円)...

 著名人がその人生において最も記憶に残る食を紹介する連載「人生の晩餐」。今回は、歌手・研ナオコさんの「麻布十番 焼肉BULLS」の「炙(あぶ)りサーロイン」だ。

【とろける極上サーロインの写真はこちら】

*  *  *
 私は焼き肉が大好物。若い頃は毎週のように食べに行っていました。この店は数年前、主人にすすめられて以来、友人や仕事仲間とよく出かけています。赤身だったり、内臓だったり、和牛のいろんな部位をおいしく食べさせてくれるんです。お店の方とも気が合って、個室でリラックスしながら食事ができるのもいいですね。

 なかでも私が好きなのは「炙りサーロイン」。薄くスライスした霜降り肉に甘辛いタレを絡めて、さっと網で炙ります。これを生卵につけて食べるのがめずらしくて。やわらかな大判の肉に、濃厚な卵が絡んでたまりません。いつも思わずもう一枚、おかわりしたくなるんですよね(笑)。そして、2枚目の肉と一緒にご飯も追加。肉を堪能したら、締めに卵がけご飯にしていただきます。ちょっと贅沢な私流の楽しみ方です。

 いまも定期的にコンサート活動を続けていますが、打ち上げに焼き肉でエネルギーをチャージすることも多いですね。明日の自分へのご褒美も兼ねて──。

「麻布十番 焼肉BULLS」東京都港区麻布十番2-5-1 マニヴィアビル3F
/営業時間:11:30~14:30L.O.、17:00~23:00L.O.(飲み物23:30L.O.)/定休日:なし

週刊朝日  2019年7月19日号

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック