中日応援歌「サウスポー」自粛でファンから失笑続く (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中日応援歌「サウスポー」自粛でファンから失笑続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
田中将介週刊朝日
スタンドに陣取る中日ファン。応援歌「サウスポー」は今季終了まで自粛だ (c)朝日新聞社

スタンドに陣取る中日ファン。応援歌「サウスポー」は今季終了まで自粛だ (c)朝日新聞社

 バカだなあ。関西人なら、アホやなあ、か。

 そんな親しみを込めた物言いと、「お前」という呼びかけは通じるところがある。

 ピンク・レディーのヒット曲の替え歌で、中日ドラゴンズの応援歌「サウスポー」の演奏が、今季終了まで自粛されることになった。球団によると、歌詞に「お前」という言葉があるからという。

 7月1日、中日公式応援団はSNS上などでこう告知した。

「この度、当団体で使用している応援歌『サウスポー』について、チームより不適切なフレーズがあるというご指摘を受けました。この件について球団と協議した結果、当面の間『サウスポー』の使用は自粛させて頂くこととなりました。皆様には何卒ご理解、ご協力の程宜しくお願い致します」

 この自粛が騒動になり、与田剛監督は、報道陣にこう説明したという。

 応援歌の中で「お前」ではなく選手の名前に変えられないかと話をしたが、それは呼び捨てでもいい。こちらから自粛しろとも、サウスポーをやめろと話したわけではない、と。

 チャンステーマといわれる応援歌。「みなぎる闘志を奮い立て お前が打たなきゃ誰が打つ」と実に元気がいい。

 今回の自粛の判断にスタンドで声を張り上げる当事者たちから、失笑が相次いでいる。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい