NHK「聖☆おにいさん」は“勇者ヨシヒコ”の香り…ウォッチャー「まじコント」

連載「てれてれテレビ」

カトリーヌあやこ週刊朝日#カトリーヌあやこ
イラスト/カトリーヌあやこ
拡大写真

イラスト/カトリーヌあやこ

 漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏が、「聖(セイント)☆おにいさん」(NHK総合 6月22・29日、7月6日23:30~)をウォッチした。

【カトリーヌあやこ氏による「聖(セイント)☆おにいさん」の画像がこちら】

*  *  *
 下界でバカンス中の「パンチとロン毛」の聖人コンビ。ブッダ(染谷将太)とイエス(松山ケンイチ)が、東京・立川の安アパートで暮らす日常を、ゆる~く描いた物語だ。

 中村光の原作漫画を元に、福田雄一が監督・脚本、俳優の山田孝之が制作統括としてプロデュース。

 もうね、福田と山田って聞いただけで、「あ~っ」てなる。あ~っ「勇者ヨシヒコと魔王の城」。あ~っ、テレビ東京深夜の香り。

 あえてチープ。あえてグダグダ。あえて滑る。役者のアドリブ力が常に試され、ボケ倒すまで許されない。それが福田作品なのだ。

 そんな空気感漂う六畳一間で、ちゃぶ台挟んで向かい合うブッダとイエス。手書きで「南無三」とか「ジーザス」とか書かれたTシャツを着る2人の姿、どう見ても売れないお笑い芸人のコント状態だ。

 ブッダが昼寝をすれば、涅槃だと思って鳩やら猫やら動物が集まってきちゃう。イエスが陶芸の土をこねれば、石がパンになっちゃう。原作の宗教あるある(?)エピソードも、生身の人間が演じれば、まじコントなんである。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック