ミッツ・マングローブ「当事者なきブスたちのブスな怒り」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミッツ・マングローブ「当事者なきブスたちのブスな怒り」

連載「アイドルを性せ!」

ミッツ・マングローブ週刊朝日#ミッツ・マングローブ
ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

※写真はイメージです (Getty Images)

※写真はイメージです (Getty Images)

 今年初めに放送されたドラマ『ちょうどいいブスのススメ』。案の定、タイトルに批判が殺到(?)し、『人生が楽しくなる幸せの法則』に変更されたのですが、むしろ私はこの無理矢理ポジティブな代替案の方に、寒気と恐怖を覚えました。まさに前述した『正義と配慮の自家中毒』の初期症状では? 『楽しい』とか『幸せ』なんて言葉を安易に使い、毒や害とされるものに蓋をするのは実に危険です。ブスに対峙する人たちの信念やプライドは蔑(ないがし)ろでもいいのか? 私のような女装オカマは、常に『ブス』という概念と向き合いながら生きています。己の美意識だけを頼りに、自然の摂理に反した身なりと外見を磨くことに日々邁進しつつも、「綺麗!」より「凄い!」「怖い!」と言われる方が上等な世界。私にとって『ブス』はとても業が深く、ともすれば徳の高いものなのです。

 今一度、「手首切るブスみたい」って、素敵な表現だと思います。そして、『ブス』に過剰反応する人に限って、女装を観ても「綺麗!」や「かわいい!」しか言ってこないのも事実です。それならまだしも「負けたー!」などと抜かす女子よ! お前のその『(オカマなんかには)負けない前提』の物言いはいったい何? まさにブス!

週刊朝日  2019年7月5日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

ミッツ・マングローブ

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい