瀬戸内寂聴が明かす、寂庵のスタッフが“若返る”理由 (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

瀬戸内寂聴が明かす、寂庵のスタッフが“若返る”理由

瀬戸内寂聴VS.瀬尾まなほ 師弟対談(後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
「寂庵」での対談は、度々にぎやかな笑いに包まれた(撮影・楠本 涼)

「寂庵」での対談は、度々にぎやかな笑いに包まれた(撮影・楠本 涼)

[左]瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう)/作家、僧侶。1922年生まれ。東京女子大学卒業。57年に『女子大生・曲愛玲』で新潮社同人雑誌賞受賞。73年、平泉・中尊寺で得度。法名寂聴(旧名晴美)。97年に文化功労者、2006年に文化勲章受章
[右]瀬尾まなほ(せお・まなほ)/瀬戸内寂聴秘書。1988年生まれ。京都外国語大学英米語学科卒業。卒業と同時に「寂庵」に就職。3年目の2013年3月、長年勤めていたスタッフたちが退職し、瀬戸内寂聴の秘書として奮闘の日々が始まる。 (撮影/楠本 涼)

[左]瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう)/作家、僧侶。1922年生まれ。東京女子大学卒業。57年に『女子大生・曲愛玲』で新潮社同人雑誌賞受賞。73年、平泉・中尊寺で得度。法名寂聴(旧名晴美)。97年に文化功労者、2006年に文化勲章受章
[右]瀬尾まなほ(せお・まなほ)/瀬戸内寂聴秘書。1988年生まれ。京都外国語大学英米語学科卒業。卒業と同時に「寂庵」に就職。3年目の2013年3月、長年勤めていたスタッフたちが退職し、瀬戸内寂聴の秘書として奮闘の日々が始まる。 (撮影/楠本 涼)

寂:うーん……やっぱり出しゃばったときじゃない?よく知らないくせに知ったこと言ったりとかね。

ま:そんなに怒らないですけどね、最近は。

寂:やっぱり年をとったら面倒くさくなる。まあいいか、と思って。

ま:若い世代と一緒にいる生活はどうですか? 私が30代、20代が1人いて、あとはお堂のスタッフは70代です。

寂:70代だけど、うちに来ればみんな若返るの。ぱっと見たら50代にしか見えない。髪形とか、お化粧とか、服も派手なもの着ててね。だから毎朝、「今日のいいねえ」「似合ってる」「お化粧がうまくいってる」と、必ずほめてあげる。そしたら、みるみるきれいになる。単純よ、人間。

 気持ちよく働いてもらいたい、とまでは思ってない。誰かを見たら、幸せにしてあげようと思ってるの。そしたらほめるしかないじゃない。「今日の服いいわね」なんて言ったら、その服が私のお古だったりする(笑)。みんなにこにこしてますよ。

ま:新聞の字は読みにくくないですか?

寂:私は平気。眼鏡かけるし、白内障の手術もしてるから。でもね、この手術はしないほうがいいよ。術後に病院の鏡を見るでしょ。自分がこんなに汚い顔だと気づいて「ああっ!」って。もうね、絶望するよ。

ま:「80歳のおばあさんがいる!」ってね。

寂:そうそう。そのときの秘書が廊下にいて、何事かと飛んできたの。私が「ほら、見て、おばあさん!」と言ったら「前からですよ」って。クビにしようかと思った。

ま:先生は今も手書き原稿ですけど、長時間書くこともありますよね。

寂:忙しくなければ何時間ってことはない。「新潮」と「群像」の締め切りがほぼ同じなので、そのときは一晩徹夜して両方とも書いた。97歳で文芸誌二つ連載する作家は、かつてなかった。よくやってるね。

 記憶力がいいってよく言われるけど、ものを覚えようとしたことないんですよ。だけど子どものころ、四つくらいのことから全部覚えてるの。

ま:先生に「一番良かった時期はいつですか?」って聞いたら、「子どものころ、遊んだり勉強したりするとき」って言ったんですよ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい