美しい島を舞台にしたイタリアン・コメディー「家族にサルーテ!」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

美しい島を舞台にしたイタリアン・コメディー「家族にサルーテ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
ウィル・スミス主演の「幸せのちから」でハリウッドにも進出したムッチーノ監督が母国で撮った意欲作。出演はイタリア映画界の演技派が勢ぞろい。イタリアでは約150万人動員の大ヒットとなった (c)2018 Lotus Production e 3 Marys Entertainment

ウィル・スミス主演の「幸せのちから」でハリウッドにも進出したムッチーノ監督が母国で撮った意欲作。出演はイタリア映画界の演技派が勢ぞろい。イタリアでは約150万人動員の大ヒットとなった (c)2018 Lotus Production e 3 Marys Entertainment

(c)2018 Lotus Production e 3 Marys Entertainment

(c)2018 Lotus Production e 3 Marys Entertainment

 世界指折りの美しさを誇るイスキア島。そこで苦労の末にレストランを成功させたピエトロ&アルバ夫妻の結婚50周年を祝うために、親戚一同19名が集まった。久しぶりに再会したファミリーの楽しい宴も最後は皆で歌ってお開きとなるが、港へ向かうと天候不良でフェリーは欠航に。思いがけず2晩を同じ屋根の下で過ごさなければならなくなった家族たちだったが……。

【「家族にサルーテ!」の場面写真はこちら】

 レストランを継いだ長男と長女の、おのおのの波乱に満ちた結婚生活は破綻寸前。甘やかされて育った末っ子の次男はひと時の恋ばかり追いかけている。親戚たちもワケありばかり。それぞれに今まで抑えていた本音が見え隠れし始め、次々と秘密が暴露されていくが、結末は果たして?
本作に対する映画評論家らの意見は?

■渡辺祥子(映画評論家)
評価:★★★
男たちは浮気中かその予備軍。皆がイイ子になりたがり、浮気はバレなきゃOK、の根性がよろしくない一家がその原点である老父の金婚祝いに集まって過ごす2夜。喉元過ぎれば怒りを忘れる女たちが彼らを甘やかす?


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい