ミッツ・マングローブ「過去が待ち遠しい。令和の時空問題」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミッツ・マングローブ「過去が待ち遠しい。令和の時空問題」

連載「アイドルを性せ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミッツ・マングローブ週刊朝日#ミッツ・マングローブ
ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

令和時代の訪れを知らせる号外。令和の「新星」はいつあらわれるのか (c)朝日新聞社 (写真はイメージ)

令和時代の訪れを知らせる号外。令和の「新星」はいつあらわれるのか (c)朝日新聞社 (写真はイメージ)

 私が10代の頃は、過去を消費するにはかなりの時間と労力が要りました。頑張って10年前の音楽を掘り起こしている内に、あっという間に現実のシーンや流行は変化して、そちらもフォローするのにとても忙しかった記憶があります。そこまでしても、当時の私が得られた『過去』なんて、今の時代なら一晩もかからない程度の量です。もしあの頃、今のように過去を好きなだけ貪れる環境が整っていたら、きっと私は平成という時代にほとんど向き合うことなく生きてしまったかもしれません。

 これからの世代は、どんなバランスで令和を生きるのか。音楽だけに限らず、映画や書籍、食やファッションといったあらゆる文化やビジネスは、今まで以上に『過去』の影響を多分に受けることを想定しながら『未来』を見定めていく必要があります。これまで『過去』と処理してきたものが過去ではなくなる。裏を返せば、一度当たって廃れたものや人も、いずれまた『現在』もしくは『未来』のコンテンツの要素として永遠にループする可能性があるということです。この世から『過去』が消える……。この先にあるのは、常に懐かしい未来だけ……。

 なんだかちょっと怖い気もしますが、ひばりちゃんの『川の流れのように~30周年記念BOX』や嵐のベスト盤のリリースが待ち遠しいって、要はそういうことですよね。令和の新星、早く現れて! リニア新幹線もとっとと開通して!

週刊朝日  2019年6月14日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

ミッツ・マングローブ

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい