カラテカ入江の吉本“解雇”の衝撃 「得体のしれない宴会に出ることはよくある…」(芸人) (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

カラテカ入江の吉本“解雇”の衝撃 「得体のしれない宴会に出ることはよくある…」(芸人)

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
吉本興業を”解雇”された「カラテカ」入江(c)朝日新聞社

吉本興業を”解雇”された「カラテカ」入江(c)朝日新聞社

 そしてこう続ける。

「売れない子なんて、それでメシ食っている。営業が生活の糧って、芸人はたくさんいます。得体の知れない人に呼ばれて、会社に内緒で営業の仕事に行っている芸人はよくいる。入江は先輩に取り入るのがうまくて、重宝されていた。営業の仕事もよく回していた。今回のメンバーは、年末に営業でこれだけの人を集めるのはなかなか難しい顔ぶれ。入江だからできたと思います」(同前)
 
 入江は1997年、矢部太郎(41)と「カラテカ」を結成。酒席などを通して人脈を広げ、15年3月にはプロモーションなどを行う「イリエコネクション」を設立し、3年で年商1億円まで伸ばしていた。ビジネスや人脈つくりのノウハウの書籍をこれまでに7冊出版。芸人以上に実業家として成功していた。前出の吉本所属の芸人がこう話す。

「暴力団関係者が絡んでいたのはまずい。しかし、お客様に暴力団がいるか、いないか、なんて正直、わからへん。営業に行かないと、メシを食っていけない現状があるのも事実。入江はショックで電話も出ません。芸人にとって吉本興業の看板はとてつもなく、でかい。入江はそれを失ってしまい、おまけに暴力団関係者との付き合いを暴露されてしまって、これから食っていくのは厳しいでしょう」

 広すぎた人脈が結果的に入江の首を絞めたことは皮肉としかいいようがない。(本誌取材班)

※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい